2015年09月25日

福岡体感・福岡指導基礎の質問への回答

このシルバーウイーク、前半は筑波でIAEVG、後半は福岡で研修とけっこうハードに過ごしました。
福岡での研修の質問への返事を書きます。

<福岡体感>へのQ&A
Q1:うそをつかれた時の対処法は?聞かれたくないのか、ついうそをついてしまい本当は聞いてほしいのかが分かりません。一度確認として触れてもよいのでしょうか?
A1:ノンバーバルに敏感になると「今嘘をついているな」と分かります。ここでは一般的な人間関係でどうかではなく、カウンセラーとしてどうか、という返事を書きます(家族や友人が嘘をついた時とは対処が違います)。
カウンセリングの主役はクライアント。だとすると、嘘をカウンセラーにつかなければならないのは何故だろう、と相手を理解しようとするのが重要です。
まだ信頼関係が十分でないから言えないのであれば、本当のことが言えるように信頼関係を深めることが優先。
自分がまだ十分表現できるほど向き合えていないから口で言っている内容とノンバーバルで表出される内容が違うのであれば、問題に向き合えるようにする(これも結局関係構築ですね)のが重要。
「嘘ついている」と指摘するのは関係性が深くないとダメでしょうが、「今言葉では****とおっしゃいましたけど、表情を見るとそれ以外の気持ちもあるとおっしゃっているように感じましたけどどうですか?」というような「矛盾提示」のスキルも、関係性を確認しながら使って相手に語ってもらうのが第一義です。
探るのではなく、分かろうとする、というスタンスで関われば、「嘘をついている」ではなく「言葉以外の事も伝えてくれている」と素直に対応できると思いますが、どうでしょうか?
Q2:表情から気持ちをよみとることを上手にやれるようになる方法は経験やTVを見ることなどでしょうか?
A2:私も女心が分からないという弱点に現れるように、ついつい「表現された言葉」に影響されてしまいます。なので一般論しか返事をできませんが、学習理論で「経験から学ぶ」という方法と「モデルから学ぶ」という方法が言われるように、経験と観察が重要です。
ただし、日常は、表出された言葉にひっぱられて、ノンバーバルに出ている部分まで見れずに経験としてストックされている。そう考えると、会っている一瞬しか見れない経験よりも、前後の流れの中でノンバーバルを表現しているTVや映画や演劇の方が学びやすいのかもしれません。
ただし、台詞だけでなく感情までも表現できるのが良い役者、単に台詞の棒読みは大根役者、と考えると、上手い役者のノンバーバルでないとダメかなー、とも思います。
Q4:相手の聞いて欲しいことを聞く為にはどう対話を進めて行ったらよろしいでしょうか?
A4:超能力がないので、聞いてほしいことを聞くことを指向するよりも、聞いてほしい事=話したいことを自分で話せる関係を目指した方が簡単だと思います。それは自分が話したいことを話しても馬鹿にされない嫌われない、自分が大事にしていることにカウンセラーも関心を持っている、という関係性を作る事です。
Q5:自分が(その人に)倒れ込んでも大丈夫と思える信頼と言っても、長い年月をかけて築いた家族や友人への信頼とカウンセラーに対する信頼は別だと思う。CLの信頼を得る為に、長い年月や共有の経験に変わるものが専門家としての知識・スキルというものかな、と考えました。
A5:知識・スキルも重要だと思います。でも知識・スキルだけでなく、きっとその人の人間性とか、人との関わり方も見られているように私は思っています。どうでしょうか?

<福岡指導基礎>へのQ&A
Q6:指導での目標設定ができたとして、「目標に至るために(成長するために)必要な力」や「目標に至るためにどういう方法を具体的に用いるか」が分からない。
A6:2人で目指す目標が決まったら、今の力量と目標との差を考えます。何がもっとうまくできるようになればいいのでしょうか?ここを実行できる小さな単位に区分けすることが問題解決の基本です。
その為には、カウンセリングにはどんな力が必要で、その力はどうすればつくのか、を指導者は理解しておくことが重要。自分が熟練レベルに至るまでに、どんな能力をつけ、それはどういう方法で自分や学習の同期は獲得して行ったのか、自分の中で再度整理してください。
ここがないまま指導をやろうとしても、単に願望を共有するだけで、犬も歩けば棒にあたる式に、色々やって偶然できるようになる事を期待するしかなくなります(指導としては下手)。
その基本がわかったうえで、今ある材料をどう使うかまで考慮したのが「具体的」。
自分が学んだことを、他人に教えることができるように、整理することから始めてみるとよいと思います。
Q7:論述の問4問5が分からない
A7:コーディネート能力をよく読んで考えてください。特に細目にある「ネットワーク」と「環境への働きかけ」の説明を読んで考えることが役立つと思います。
Q8:試験時は事前に読み込めないため、事例提供者の出来てない点、いい点などどうやって評価していくのか難しいと思った。
A8:その通りです。しかし百マス計算やっていると計算が早くなるように、数見ているとどこが問題か見つけるのが早くなります。ネットワークを作って、ケース記録を数見ていくと、どこに問題の手がかりが出やすいか、勘所が分かると思います。そこが分からないのであれば、事例提供者にテーマを与えて数分待ってもらい、ちゃんと読んでから始めるのも一つの方法です。
Q9:自分の指導の進め方が固まっておらず、迷いながら進めている
A9:相手の問題も理解せずに進め方を固める必要はありません。相手の問題やタイプに応じて変えた方が良いのですよ。ただ、初心者は枠があった方がやりやすいのは事実ですので、自分なりの大きな進め方は見つけた方が当初は楽かもしれません。
Q10:スーパーバイザー(指導者)に向いている資質は何でしょうか?
A10:いろいろあるのでしょうが、相手に対し敬意をもって接する、共に学ぶスタンス(自分が絶対正しいとは思わない)、変化を信じる、とかが私は大事だと思っています。
Q11:田中先生の過去の経験から、合格者と不合格者の違いで共通的に感じることあれば
A11:Q10とも重なりますが、「指導者」という言葉に惑わされ、自分が正しい、俺の言う事を聞け、というスタンスの方は落ちてます。検定と言う場で難しいのは分かりますが「自分がどうか」と意識する人よりも「相手はどうか」とスーパーバイジー(事例提供者)の側に立って自分の行動を確認し、相手の役に立つことを意識する人が通りやすい。「自分は正しい事をした、やった」と自分しか見てない人は注意してください。
Q12:検定の論述問題で、指導者の身分(所属)は何か?転職を前提にして良いのか?
A12:論述の場合は書いていることをよく読んで判断してください。クライアントにとって望ましくないのに、それを伝えもせずに転職させることが前提の支援など、倫理的にありません。組織目標が転職数のカウントだとしても、クライアント人生が優先です。
Q13:口頭試問の答え方がよく分からない
A13:指導者に求める能力があることを自分なりに返事を通して表現してみてください。別に正解はありません。
Q14:指導関係における関係構築と、カウンセリングにおける関係構築の相違点
A14:指導関係の関係構築はプロとプロの関係。この人と一緒に自分を高めたい、と思ってもらう関係です。
Q15:事例相談者と指導者の目標の設定が難しいのでどうすればいいかというイメージがすぐできるようになる方法を知りたい
A15:事例提供者は本質的には自分なりに上手くいかないという悩みを抱え、その課題を解決したい、もっとうまくなりたい、と思って指導を受けに来ます。問題共有で、自分が思っていた問題だけでなく、本当は上手くいかないのはここが影響していたんだ、と理解できれば、この事例提供者は、数回のセッションで自分がどこまでできるようになりたいか、どんなキャリコンになりたいか、というのは自然に出てくるはず。指導者の方は、自分に与えられる回数の枠の中で、どのくらいまでなら成長させる責任約束できるか、というのと摺合せです。
無理に押し付けるのでなく、事例提供者の目で目標を考えるとやりやすいと思います。
Q16:論述で頭では分かっているが、文章に書く表現が今一歩。
A16:書いてみて、自分で見直すだけでなく他者にも自分が伝えたいこと分かりやすく誤解されずに伝わっているか振り返りに協力してもらう事を「数やる」ことではないでしょうか?
PDCAを回さないと分かっていても行動レベルは上手くなりません。

以上
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | よくある質問への回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

1級技能検定の学科のアドバイス

キャリコン1級の学科のアドバイス欲しいと何本かメールもらいました。

1人1人返事するのは大変なのでここに書きます。
基本は以前に書いているこれを見てください。
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/302723244.html

もうテストが明後日なのにこのブログ見ているような人に追加で少しアドバイス。

基本は昔やった勉強をもう一度きちんとおさらいする、です。
標準レベルやこれまでやった勉強は基盤です。

でもそのころと変化しているモノがあれます。
前日にちらっとぐらいは見ておくといいかも。
憶えるのではなく見るぐらいです。

キャリアコンサルタントの能力要件見直しのレポート
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016ueo-img/2r98520000016w8q.pdf
P92以降の見直し部分ぐらいは指導者たる者知っていた方が良い

厚生労働省 第9次職業能力開発基本計画
http://www.pref.shimane.lg.jp/rodoseisaku/syokugyounouryoku/9jikei_sakutei.data/kihon9.pdf

平成25年労働経済白書 特にそのまとめ
まとめ
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/13/dl/13-2-6.pdf
全体
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/13/13-2.html

頑張ってください

続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 20:53| Comment(1) | TrackBack(0) | よくある質問への回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

熟練勉強会質問への回答

Q:心理学的には一般的に女性の相談は話を聞いてもらうだけで満足し男性のように解決(答え)を求めていないと言われていますが、キャリアカウンセリングでもそれは通用するのでしょうか?
A:http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/377460147.html
にグチについて書いているので読んでください。
Q:口頭試問が苦手です。上達する方法はありますか?
A:基本は「良かった点、改善したい点」以外は論述とほとんど同じです。論述を意識してやる事。面接の後、ケース記録を書く、論述の項目を書く、口頭試問できく内容を書く、というのに加え、面接の後に振り返りをICレコーダーに吹き込んで聞き直す等も有効な方法です。
Q:枝葉を取ったスッキリとした表現ができない自分にスッキリしない
A:長い応答を考えた後は、「結局何が問題か?」「だから」等もう一歩自分に問いかけてください。2段階でいいので、短くする練習をするとよいです。
Q:論述問題の問3.例えば自己理解のための策としてキャリアインサイトなど具体的に書いた方がよいのか。
A:自分が何をするつもりかを具体的にかけるなら書いた方がいいです。抽象的に「自己理解をさせるツールを使う」では具体的ではないので、自分が使う道具がはっきりしているならばそれを言えた方がやれる人だと証明できます。ただし、一般的でないツールは採点官も判断できないので、採点官に具体性が伝わるように、と意識してください。
Q:頭の中でわかっていても上手く表現・言い回しが出来ない
A:分かっても体はすぐ動かないので、PDCAを繰り返し慣らしてください。
Q:時間が不足している時の口頭試問の時にこれからこうしたかったと言えばよいのか?
A:過去形で言うと失敗したみたいに聴こえます。1回目が20分で時間が足りなくても、2回目来てくれるならそこで続きをやればいいのです、なのでこうしたかった、ではなく、2回目以降にこういうことをしたい、と言えば院です。
Q:問題把握のための技法の選択が難しい
A:基本は共同作業をしないといけないのでわかったふりをしない、ということです。
相手が言っている真意が分からないなら「****についてもう少し教えてもらえますか}、自分が知っている常識と違うなら「***という考え方もあるんですが、あなたはどう思いますか」等自分の考えをぶつけて相手が名で違うと言うのかを理解しようとする。
共同作業できるレベルまでズレをなくす努力をするということです。
Q:20分の終了までにどこまで進めればいいのか?
A:実践の面談であれば、せめて何に困ってどうしたいのか、問題と目標ぐらいは分かってくれないと2回目は来ません。技能検定でいうと、目標と方策が「できる人」と採点してもらうためには、方策の一歩目ぐらいは「次回はこれをやる」等言えないと60/100はつかないと思います。
Q:目標がRP中に変わった時には方策まで行けなかったらどうなるのでしょう?
A:カウンセリングのゴールとしてクライアントの前向きな変化。思考行動感情の前向きな変化と言っています。
目標がRP中に変わったというのは「自分が本当に目指すものはこちらだと分かった」と言っているのですから、思考の変化ができたということ。
つまり、いい面談だったと考えましょう。
Q:目標を共有するタイミングが難しい
A:問題が決まると目標も半分以上連動して決まるので、問題共有したら次は目標を考えてください
Q:思い込んでいるクライアントに決定的、断定的なことを言ってもよいか?(正社員て難しいですか→難しいです。諦めた方が良いですか→諦めた方が良いです等)
A:面接のプロセスが関係構築ならば、質問を通してクライアントは何を訴えたいのか推測してこらえると関係が深まります。
しかく方策のプロセスならば、プロとして正しい知識があるのなら、(できればIメッセージで)断定的なことを言うのも一つの方法です。
Q:時間がかかりすぎ方策まで行けない場合どうするか?
A:方策を全部やるのではなく、最初の一歩として2回目何をするかぐらいは言えると方策が分かっていることを証明できます。それも面談の中で言えなかったなら、口頭試問で次回何をやるつもりか言ってください。やれてなくても分かっていることは証明できるので、それで60/100つけてくれるかは採点官しだいです。
Q:相手の気持ちを理解することに質問を多く使ってしかいがちだが、質問は多く使わない方が良いと聞いた。目標の合意にはどうしてもつかってしまう。どうか?
A:質問には、カウンセリングの技法では「明確化」という「あなたのメッセージを私はこう理解しましたがそれであっているでしょうか?」という関係構築に役立つ質問形と、「質問・探索」という「ところでこれはどうですか?」という問題解決に役立つ質問形とがあります。明確化は関係構築のプロセスでも可ですが、質問・探索は関係構築のシーンではあまり使わない方がよい。でも問題把握のシーン(関係構築以降)であれば、分かったふりをするのではなく、良く分からないことを分かったふりしないために質問するのはOKです。
どのプロセスにいるかよって違います。
Q:面接のロープレで時計をどこまで気にしたらいいか?
A:面接が中途半端な状態で終わらないように。つまり、問題目標程度は終わるようにマネジメントできることが重要。ブチきりで割らない程度には意識してください。

以上
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | よくある質問への回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指導勉強会質問への回答

福岡で実施した「指導レベル」「熟練レベル」勉強会の質問への回答を書きます。

<指導レベル勉強会の質問>
殆どの質問は以前の勉強会の質問と同じです。
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/377562238.html
を参照にしてください。
Q:効果的な指導方法の具体的内容(バリエーション)を教えてください。
(ロープレ練習しか思いつかない)
A:自分がそのスキルを学ぶときに、どんなプログラムやどんな方法で学んだかを思い出してください。
スキルを教えるのに随分工夫しています。
単にロープレしたから学べた訳ではないでしょう?
ロープレするのにどういう指示をして、何を意識して振り返りしたか、どんなシートで。
基本的に、各スキルはどういう要素で成り立っているか、自分で分解して説明できるようになるとうまく説明できます。
Q:本人に気づきを起こすきき方として「どうすればよかったと思いますか?」など有効なものはありますか?
A:上記は言いきき方のひとつだと思います。クライアントは何を伝えたかったと思いますか?今だったらどういいますか?クライアントの問題は何だと思いますか?あなたは何をしましたか?どうすればよかったと思いますか?等、考えてもらう事です。
Q:コーディネート能力が特に難しい
A:なので1級で求めるのです。周りを巻き込む力、条件状況を変える力、等問題解決での高いレベルで求められる能力と同じです。
Q:解答用紙の各行内に的確な文章でまとめていまひとつ書けない。
A:まずは問われている内容に対し、実際は何をするとよいか分かる事が大切です。
後はそれを与えられたスペースにまとめる事。
これ国語の力(作者の言いたいことは何か、50字以内に書け、と同じ)なので、昔を思い出して頑張ってください。幹と枝葉を見分けることが大切です。
Q:口頭試問は難しく訓練が必要
A:論述が結構重なる部分多いので、固定物を使い練習してください。

以上
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | よくある質問への回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

指導演習勉強会質問への回答

10月13-14日で実施した指導基礎演習の質問への回答です。
結局指導をするのを3回、カウンセラーとして指導を受けるのを3回に増やしたら、みんなフラフラヘロヘロで頭がクラクラしていたみたいです。

Q:口頭試問の答え方が何回やっても上手くいかない
A:基本大半の部分は論述で求めている答えと同じです。つまり、「そういう視点を持ってほしい」というメッセージ。変化するものに即座に答えるのは難度が高いので、論述のような固定物で考え方を練習するとよいと思います。そうすると慣れてきます。
やった結果答えるものは、最初はゆっくりでいいのでしっかり考えて答える練習をするとよいです。回数やると早くなります。
Q:自己紹介で2級検定対策をしていると伝えていいのか?
A:熟練性を表現してほしいのでどういえば同じ事実が凄そうに聞こえるかです。更に言えば、履歴書の書き方と同じで、凄そうな事実があればその事実を入れる。人数や年数や合格率などです。
別に言ってもいいけれど、2級検定対策をしているよりも「熟練レベルキャリアコンサルタントを目指す人の指導」を「約**人」とか「約3年」とか、或いは10人教えて5人合格した、とか。
要は指導してもらいたいと思うような事を話すわけです。
Q:口頭試問で弱みはどう伝えたらいい?
A:知りたいのはセルフアウエアネスができているかどうか。指導シーンを見ればその人の弱みは直ぐ分ります。弱みを弱みとして自覚し変える意思があれば改善されますが、気づいてなければ改善は見込めません。
なので素直に言えばいいです。弱みがあっているかが問題。
基本的に、検定の時だけでなくロールプレイを録音し、自分で聞き、課題を意識しておくといいです。
大体検定でもそれが出ています。
Q:解決策のバリエーションを考え付かない。これは経験を積むとか知識を増やすしか手立てがないのでしょうか?
A:ちゃんと手立てが2つも分かっているのでそこからやりましょう。基本の忠実なのが結局は早道です。
Q:指導プランが難しい
A:論述でも具体的にどうするかを聞かれますが、多数ある受講生の課題の中で何を選び、その課題を理解し乗り越える為にどの部分をを使って、どんなことをするのか、が具体的な計画です。
口頭試問でどういうかではなく、まず「意図を持って指導する」のが重要であり、それが指導プランを考えるという事です。意識していれば回答できるはずです。
Q:「職業倫理を理解し、自己理解し、高め続けさせる」(キャリアカウンセラーのプロとして成長させる)ということについて、雇用されている身としては雇い主側の意向との狭間に立った時の対処の仕方(身の振り方)についてもやっとしています。
A:倫理問題の指導は指導者にとって特に重要な指導テーマです。要は自分自身の倫理問題の対処の理解が低いから指導もできないという事なので、倫理問題についての理解を深めてください。
倫理は講座を開いても人気がないのであまり開催されないので学習機会が少ない。
ココに参考書を書いています。
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/369936906.html
Q:やっぱりスーパービジョンを受けてみたい
A:パワーがかかるのであまり世の中に商品として出回っていません。大体各団体で今後売り物として伸ばしたい人に対し限定的に提供されている程度だと思います。
キャリ協の実務研修で新人の実施ですが受けることできる場があったので、そういう機会をうまく使ってください。
Q:問題の絞り込みが遅い
A:根拠なく絞り込むよりもゆっくりでも根拠を把握し、どこをやるのが受講生の成長につながるか考えてやった方が効果が出ます。最初は丁寧に考える練習をし、回数することでその丁寧な判断を早くやれるようにしましょう。早くすることだけをゴールにするのはよくありません。
Q:30分で指導関係構築がうまくいかなかった場合どう口頭試問でまとめたらいいか?
A:関係が出来てなければどうせダメなので言い方の工夫をしてもあまり意味がありません。それよりも指導関係ができるように工夫した方がいいです。
Q:問題を掴む-目標、が未だに苦手。
A:受講生が思っている問題・目標と、指導者としての評価がココには関係します。まず受講生が思っている問題・目標であれば、簡単な方法は私がいつも書くカウンセリングのプレスのフレームをシートに書き、「それぞれ自分はどんな風に自己評価してますか?それはこのケース記録の面談では具体にどういう風に表れていますか?」と質問し、本人が思っている問題点とその具体的な事例を共有し、「では今後どんなふうに成長したいと思ってますか?」と質問すれば、受講生が思う問題・目標は共有できます。
評価の方は、各プロセス評価する観点が分かっている事と、実際に実施した面談を論理的に(事実と評価する観点を把握し)評価することが重要です。
Q:論理的でないので、その作業と訓練方法
A:論理性については子供向けや学生向けの本もけっこう出ています。ロジカルシンキングのような高度な本でなく、簡単なものでいいので1冊読んで練習るとよいと思います。
Q:講義のチェックシートで3だけプラス(+)マイナス(-)があるがなぜか?3ではダメなのか?
A:技能検定の場合各要素毎60/100以上というような基準があります。600/100以上は5段階だと3+(3プラス)以上程度。3では不合格。なので、3だけプラスなのかマイナスなのかをつけさせています。
続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 10:54| Comment(3) | TrackBack(0) | よくある質問への回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする