2015年03月17日

ノンバーバルコメント

昨日やったノンバーバルの学習と交流会の感想のコメントを読んでいて感じたことを少し(感想自体は後日二宮がアップします)。

「感じ方は人それぞれ」や「人によって受け取りが違う」という感想。
ノンバーバルの学習は、クライアントが言語以外で発しているメッセージを受け止める訓練をしています。
カウンセリングの学習では、「同じ状況でも人によって感じかたは違う」が正解ですが、ノンバーバルの学習としては「同じノンバーバルを受け取ってもカウンセラーによって感じかたが違う」はいいことではありません。クライアントが感じているのと同じようにカウンセラー皆が感じるのが望ましい姿。
バラバラ(自分が他人と受け止め方が違う)のを是としてはいけません。
一方でこの感想が言いたいのが「同じシーンを想起しても、クライアントによって感じ方や受け止め方は違う(ので表出の形も違う)」というのであればその通りです。
しかも、言葉で言っている以外の複数の気持ちが混じっていることもよくあります。

私が大学時代、恩師の藤原勝紀先生から学んだ一番最初のメッセージは「アンビバレントな存在としての人間」です。好きだけど嫌い、行きたいけど行きたくない、愛すればするほど憎い。人は二律背反の想いがあって当然なのです。
ノンバーバルの難しさは、もともと表出するものの見分けが難しい感情があるだけでなく、驚きの後に悲しみが来るや、怒りと軽蔑と同時におこる等混在しているからです。

今回の訓練は、感情が付随するシーンを想起してもらい、その時のノンバーバルを観察し、感情を類推する、というものでした。
大事なのは「想起しているシーン」と「表出された違い」、の蓄積。
日常は表出されたノンバーバルを見たとしても、内面で何が起こっているかは分かりません。なので、どの表出がどういう感情の手がかりなのか繋がりにくい。
数を経験することで、手がかりのストックができ、類推しやすくなるのでは、と個人的に期待しています。
(女性は女同士のやりとりの中で、感情と手がかりの繋がりを蓄積するチャンスが男性よりも多そう)
私自身のストックの為にも、ノンバーバルの勉強会を継続したいと思っています。

そしてもう一つ。
今回の感想に「気」や「念」の話を書かれている方が散見されました。
気や念もバーバル(言語)ではないのでノンバーバルの一種です。でも、今回やっているのはそういう第六感を高めろと言う内容ではない。気や念のように普通では感知が難しいものではなく、表情、姿勢、態度、声等ちゃんと観察できるもので推測する感度を高める、というものです。
気や念を強く感じる人はそこも観察対象に入れてもいいのですが、そこまでの要望を私はしていません。

私が藤原先生から昔言われた言葉。
「言っていることには意味がある。言わないことにも意味がある。全てのことに意味がある」
バーバルを大事に、だけでなく、バーバルであえて表出されないことにも気を配り、ノンバーバルも理解しようとする、ってことなんでしょうね。

より深くクライアントを理解するために、一緒に勉強していきましょう。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:ネットワーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

皆さんへのお願いB一人暮らし高齢者への子供としての対応法について

3つ目のお願いは私個人が困っていることのお願いです。
昨年末に母が亡くなり、葬儀、墓、相続、残った父の生活見直しとが発生しました。
丁度この冬は通常業務以外の仕事が大量に入っていた上に、このプライベートの業務が加わり、更に検定1級をうけることにしていたので勉強の追い込みもしなければというプレッシャー(1日ぐらいしか直前勉強出来なかったけど)とで、久しぶりに「疲れた!と大声で叫びたい」という状況まで追い込まれました。
ワークライフバランスと言いますが、仕事以外がトラブルとこんなに苦しいんだ、と実感した次第です。
一つ片付き、二つ片付きと、今ではほぼ平常運転に戻れています。戻るまで3ヶ月半かかりました。

で、残ったプライベートでの問題が、妻をなくし一人暮らしになった父のケア。
実は私は一人暮らし高齢者のケア問題は2回目です。
1回目は約10年前から7年前。小学校の校長をしていた父が定年後中国語を勉強し、日本語教師として単身大連へ。結果母は一人暮らし。当時私は東京でキャリアカウンセリングビジネスの立ち上げをしており、「対策考えなきゃ」「毎日電話するとかポットで生きていること把握するとか考えないと」と思っただけで2ー3年何もせず放置。
結果母は、一人暮らしで家族の助けのない中、心臓からの弁が割れ(大動脈りゅう解離)で、苦しさで胸かきむしり、苦しくて服まで脱いだ状態で、たまたま近所の方が異常に気づき救急車を呼んでくれ九死に一生を得ました。うちの弟(外科医)「今回死ななかったのが奇跡みたいなものだし、手術はしたけど障害は必ず残ると覚悟して」とのこと。たまたま近所の方が見つけてくれたのでよかったけれど、一つ間違えば(というより結構大きな確率で)その場で死んでしまい、死んだことに数週間気づかずにいたかもしれない。
まずい状態に気づかなかっったならともかく、気づいていたのに後送りして対処しなかった自分を恥じました。
父も中国から帰国したのですが、どうせ残りも短いだろうし、母のために近くに住む生活をしてあげたいと、東京での安定した仕事を捨てて福岡に移住し独立。

今回母は亡くなりましたが、私個人は「息子として最善を尽くした」と清々しい気持ちでいます。不思議なもので戻ると元気になってしまい、ここ数年笑っている顔しか思い出せません。
表現は悪いですが、分かっているのにやっていなかった借金を払い終わった感じかな?

で、次は父です。父は前回の母の件では私と同罪。父のために近所に住まないと、という気持ちにならないのは、母に対しては加害者だったけど、父に対してはそれがないからかもしれません。

前から東京に戻って欲しいと言われていたのですが、戻ることに決めました。
なので、東京から福岡で一人で暮らす高齢者である父のケアをどうするか、前回失敗したので福岡にいるこも1年で考える限りベターな仕組みを作りたい、というのが私の願い。
うまくできないとまた罪の意識を感じてしまう。

長くなりましたが、皆さんにお願いしたいのは、一人暮らし高齢者を遠距離からケアするための方法論、サービス、商品に関する情報です。障害が出ている人ではなく、「大丈夫一人でやれる」と言っている高齢者を、実際に一人暮らし無理と判断するまでの間のサポート情報。
(我が家では怪我や病気や老化で一人暮らし一時的に無理となったら弟の病院に入院させて、今後の身の振り方を決めると家族会議で決めた)

取り敢えず今は携帯電話の万歩計機能を使い、毎日歩いた歩数を私と弟に同報するように設定し、しかも毎日簡単な日記を書いて同報で送るようにしているので、死んで数日気づかないことはなくなっったし、朝起きた時から携帯電話を首に下げているので、怪我や病気の時も救いの声を家族に助けを求めることができる。
結講前進。
来週家を無線化して、ipadでのテレビ電話ができるようにする予定。

でも、今あるベターを実現したいと思っていますので、周辺で知っていることあれば投書をお願いします。

同じ悩みを持つ方も多いと思いますので、まとめてホームページで公開します。

協力よろしくお願いします。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 13:55| Comment(18) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:ネットワーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆さんへのお願いAリハビリテーョンカウンセリング

アメリカではキャリアカウンセラー以外に障がいを持った人が社会に復帰するのを支援するリハビリテーションカウンセリングという職業があります。
障がい者の社会復帰というと特別に感じますが、うつ病からの復帰、癌になったあとの働き方、交通事故で片手が動かなくなったあとの働き方等、誰でもがお世話になる可能性ある分野。
キャリアカウンセラーの知識x病気の基礎知識が必要なのですが、一方で給与でいうと高い給与を出せるスポンサーがおらず、難しいのに給与は(アメリカでは)キャリアカウンセラーよりも更に低いという実情です。
(学校及び職業領域カウンセラーはアメリカで28万人平均年収5.4万ドル、リハビリテーションカウンセラーは13万人2.8万ドル)
しかし、社会のためには必要な機能だと思いますし、日本では十分そういうサービスがされているとは思っていません。

リハビリテーションカウンセリングという資格を作るというよりも
1)今実質障がい者社会復帰の担い手になっている人がどういう人達で、今困っていることに対してキャリアカウンセリングの知識スキルで役立つものを教える
2)今障がい者支援を担っている人とキャリアカウンセラーの協働でうまく行っている事例を見つけ、パタン化して拡げる
3)キャリアカウンセラーを軸に足りない医療系知識をどうサポートして貰うか(例えば引退した医者や看護師をボランティアで巻き込む等)仕組みを作り拡げる
ということが良いのでは、と思っています。
自分の時間の数パーセントは社会をよくするために提供しようと思っているので、これはビジネスではなく(無理ない範囲だけなのですが)協力したいと思っています。
障がい者の社会復帰の現状や課題についてご存知な方は色々教えてください。
ただ、これは今後10年ぐらいのスパンでの問題意識です。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 11:06| Comment(9) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:ネットワーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆さんへのお願い@キャリアカウンセラーへの求人時期情報教えてください

年間契約のカウンセラーの多くは3月に更新が終わりホッとされていることだと思います。
一方で更新されなかったと、今探している方もいらっしゃいます。

私に相談があった訳ではないのですが、できればキャリアカウンセラーの仕事について、どういう仕事はいつ頃募集が出るのか、例えば自分はどういう種類の仕事を何月ごろどういう方法で見つけて入ったのか、等の情報を欲しいと思っています。
3月に更新がないと言われ、4月に探してもなかなかなくて、、で失業給付も出ているしときどきしか求人見なくなると、気がつくと1年近くぶらんくができてしまう、というパタンになりがち。
皆さんの知識だけでなく体験談も含め、個人情報ない形で投書していただけると仕事を探しているカウンセラー全体の役に立つと思います。

まずは私から。
私し自身は求職活動をやったことはないのですが、リクルートのキャリアセンターやキャリアカウンセリング協会で求人はやりました。
時期は基本ビジネスを立ち上げるときなので最初の求人は開始タイミングに合わせるだけで何月という時期があるわけではありません。しかも人数少なくできる人が欲しいので、基本は信頼できる人に「いい人いない?」と声がけし、基本縁故ルート(信頼ネットワーク)で集めました。
次に仕事が拡大して増やすタイミングは、基本は3月か9月。優秀なのに会社と合わなくて辞めるという情報を信頼できる人からもらい、人の支援をする仕事に興味ないか確認し、NPOで(多くはこれまでの会社より大幅に)給与下がるけど労働時間はこのぐらいでこうやりがい、やる気あるか口説く。
一般求人をかけると集まりすぎたり採用選別が難しいので、信頼ネットワーク中心で募集していました。
多くのNPOはそうじゃないかな?
皆さんはどうでしたか?
或いは何月ごろにどんなカウンセラー募集あったでしょうか?
投書していただけると幸いです。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 10:39| Comment(36) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:ネットワーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

玄田先生のアンケートにご協力ください

私の知人から玄田先生のアンケートに協力してほしい旨のメールがありました。
玄田先生にはキャリアカウンセリング協会時代にお世話になったこともあり、私からもみなさんに協力をお願いします。
玄田先生は今「孤立無業」というテーマを掘り下げてやっしゃるようですね。
家族としか話さない人にどうやってリーチするのかそうとう難しそうです。
以下、私にもらったメールの内容をコピーします。
**************************************
玄田有史先生(東大大学教授)が、孤立無業者に関してのー総務省『社会生活基本調査』匿名データによる分析ーと、孤立無業者の実態把握と同時に現場の支援者支援も大きく踏み出すべきと問題提起をされ支援者の声を集め実態を把握するためにアンケートのお願いをされていらっしゃいます。
関係されいらっしゃる方をご存知でしたらご案内ください。
(以下、玄田先生ブログよりテキストコピー)
**************************************
孤立無業と自立支援についてのアンケートにご協力ください。

自立支援者および関係者のみなさんへ
社会から孤立した状態にある「孤立無業者(SNEP(スネップ))」に関する取材をしています。将来は本や論文にとりまとめ、そのなかで自立支援のことも、広くアピールしていきたいと考えています。
そこで自立支援および関係した仕事にかかわっている方々にアンケートへのご協力をお願いします。ぜひとも
http://enq-maker.com/cL9MjqL
にある設問にご回答ください。回答がしにくい設問は、空欄のままでもかまいません。
アンケートの回答期限は、10月8日(月・祝日)です。みなさんの回答を心よりお待ちしています。
東京大学社会科学研究所 玄田 有史
***********
http://enq-maker.com/cL9MjqL:SNEP(スネップ)(Solitary Non-Employed Persons)とはふだんずっと一人でいるか、家族とだけすごしている仕事のない人たちのことです(ときどき支援者に会っている人たちも含めます)。
20〜59歳で未婚の無業者のうち、スネップは増え続け、2006年の統計では100万人を突破しました。
スネップの詳細については、ゲンダラヂオ右側にある論文、もしくは『中央公論』2012年8月号拙稿「SNEPの危険な現実」などをご覧ください。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:ネットワーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする