2005年07月12日

クランボルツ先生提案キャリアカウンセリングステップ

クランボルツ先生の講演でのプランドハプンスタンス改めLuck is No Accidentのアプローチの中味をを補足します。

1、クライアントの期待を方向づける
・計画外の出来事は普通であり、必要な要素である事を理解させる。
カウンセリングの目的は、自分自身のためのより満足の行く人生作り支援。
・満足の行く人生には様様な要素がある(仕事以外の人生の色々な側面含む)
・キャリアパスを描く=想定外に応じた無数の意思決定を必要とする学習プロセス。
・カウンセラーの仕事は、これからの計画内・外の出来事を「活かす」ことを学習する事を支援。
・将来の仕事(目標)を決める事は、選択肢模索のスタート。


続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

クランボルツ先生講演会

クランボルツ先生のLuck is No Accidentの概要をご紹介します。
(6月はあまりに忙しく、帰国後残務整理に加え、週末も講師のスケジュールの為、体調崩し更新していませんでした。ごめんなさい)

個人的にはクランボルツ先生の講演は、今年日本でキャリアカウンセリング協会主催で、去年はサンフランシスコのNCDAで、その前の年はスイスのベルンのIAEVGの大会で、と毎年国際会議で拝聴しています。
世界的な会議でのキースピーチをされている先生なので、まさか日本でキャリアカウンセリング協会が講演会をするとは思ってもいませんでした。

さて、講演は、いつものように、自己紹介(プランドハプンスタンスの事例です)から始まりました。
次は、「キャリアカウンセラーパーソナルカウンセラーに求められる全てのスキルに加え、キャリア開発と仕事の知識が必要とされる」という話と、それに加えて正当な評価がもらえていない、という話。
プランドハプンスタンス改めLuck is No Accidentのアプローチ
1、クライアントの期待を方向づける
2、出発点としてクライアントの関心事を明らかにする
3、計画外の出来事を含むクライアントの過去の成功体験を現在の行動のベースとして使う
4、クライアントの感度を高め、チャンスの可能性を認識させる
5、行動への障害を克服する
というステップの、一部を隣の受講生と体験してみる、というセッションでした。

続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

コーミエ先生講演

昨夜はアメリカから認知行動カウンセリングのウイリアム・コーミエ先生をお招きした講演会をキャリアカウンセリング協会主催で実施いたしました。キャリアカウンセラーの技術向上が目的です。

話の概要
1)カウンセリングに必用なスキル
「傾聴技法」「活動技法」更には「セルフアウエアネス」とあるのですが、もう少し大きな観点で、三角形のモデルの話をされました。
三角形の底辺が「ラポール(関係構築)」、残りの2辺が「問題の定義」と「ゴール設定・アクションプラン」
ラポールがないと、定義もアクションプランも成立しない、というコメントでした。
また、アメリカでは「オウム返しはスキルとは言わない」と明言されていました。
また、カウンセリングは関係構築をするだけのものではなく、「結果を出せなければカウンセリングしていない」ともおっしゃっていました。
ゴール設定で「クライアントの価値観を目標・プランに盛り込むと効果的」というのもなるほど、という感じでした。

2)コーチングカウンセリング
続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 08:22| Comment(1) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

クランボルツ・花田光世・高橋俊介講演会(満席になりました)

慶應の花田先生から、クランボルツを日本に呼んでいるので一緒に講演会やらない、と声をかけられ、トントン拍子でビップ3名も集めた講演会を実施することになりました。

一般の方も参加できますので、ご興味あれば。

以下が案内文です。(既に満席になりました。ごめんなさい)

〜慶應義塾大学SFC研究所 キャリア・リソース・ラボラトリー・特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会 共催〜
John D,クランボルツ先生講演会 および花田光世先生・高橋俊介先生を加えたパネルディスカッションのご案内

米国から「プランドハプンスタンス(計画的偶発性)理論」で知られるJohn D,クランボルツ先生をお招きし、講演会とパネルディスカッションを開催致します。
「キャリアの80%は、予期しない偶然の出来事によって形成される」というクランボルツ先生の理論は、変化の激しい現在社会では非常に有効な理論と言われています。
日本で先生の講演を体験できるこの機会を是非ご活用ください。



【日時】 6月30日(木) 18:30〜21:00続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(2) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

アセスメントの使い方:VPI

昨日はGCDFのトレーナーを集めて、VPIをベースにキャリアカウンセリングでのアセスメントの使い方の勉強会を実施しました。
ファシリテーターは渡辺三枝子先生。
そこで話題になったポイントは、一般のカウンセラーも勉強になるので参考の為に書きます。

1)アセスメントもカウンセリングの為のツール。適性検査的に結果をただフィードバックしてもダメ。
→結果で、クライアントはどこに関心があるのか?フィードバックの時に何を感じていそうか?結果への納得や結果へのクライアントの疑問は、クライアントにとってどんな意味があるのか?等、カウンセラーは常に意識する必要がある=カウンセリングということ(つい結果報告をすることに意識がいって一方的になり勝ち)
続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする