2011年09月16日

キャリアコンサル戦略と理論勉強会感想

昨日東京で「キャリアコンサルティング戦略と理論」の勉強会を実施しました。
多くの方は理論は「テストに通るため」と思っていますが、プログラムを作るほうからすれば、理論を知っていたほうが解決できる可能性高くなるし、うまく活用してほしいと思っているのです。
今回のテーマは知識を現場で使えるようになる、ということ。
受講生の感想も、けっこう即効性有りそうだし、理論をどう現場で使うのかをきちんとやることは意味があるようです。
来月大阪でも実施しますが、
http://career.on.arena.ne.jp/1001rironosaka.pdf
今後も年1回程度定期的に実施しようと思いました。
効果としては現在実践をやっている人に特に役立つ印象です。
(2級検定合格はここまで知らなくても合格できるが、本気で解決率を上げたいならこういう学習をしたほうがよいし、1級を目指す人は理論はちゃんと理解していたほうがよい)

以下受講生の感想です。
・カウンセリング理論を実践でどのように使うかが体感できました。明日から使っていきます。
・「理論の実践の仕方」「自分のカウンセリングの概念化」「過去のカウンセリングのリソース化」が分かった。
・人に伝えるため、客観視するためにも概念化が大切だと気づいた。
・各理論を活用する場面が分かったことで、使う時のイメージが湧いた。
・問題と目標を決めて共有することが何より大事だと気づいた(基本)。
・複雑と思われる状況をシンプルに構造化することが大事だと気づいた。
・「問題と目標をクライアントと握る」から、次のステップ「ストラテジーについてクライアントと握る(解決に向けた進め方を相互確認する)」が自分の中でクリアになった。
・キャリア理論とカウンセリング理論も使い方、使い分け方、組み合わせ方が理解できたので後は練習あるのみ。
・目の前に座られるクライアントのために、何ができるのか、何が分からないのかを明確にできた。
 (踏み込みが足りない←目標・問題をクライアントと共有できてなかった)
・キャリアコンサルタントの仕事が好きだという自分に気づいた。
・ただ提案する場合に比べて、理論に基づいた提案をすることの重要性(クライアントの反応も違った)。
・どうしてそうするのかの説明をし、同意を得ることで、より強く進めることができる。
・うまくやれていないクライアントに対しやってみて、クライアントのフィードバックをもらい、自己成長につなげたい。
・カウンセラーにもロジカルシンキングが大切(やれていない)。
・キャリコン視点の問題についても、クライアントの批判にならないように注意しながら介入が必要であることに気づいた。
・「目標***へ達するために***にしていきたいと思うのですがいかがですか?」というステップの重要性に気づいた(分かる→できるが課題)。
・理論の概要、イメージ図、利用の場面、注意点等しっかりと自分のものにすることの重要性が分かった。
・理論をケースの中でどのように使っていくかはやはり経験をつむことが大切と悟りました。
・問題・目標を概念化・パターン化して、自分の引き出しをたくさん作ることで質がアップすること、時間も短縮できることに気づいた。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

福岡の方々の学習熱に完敗

11月23日(祝)に「認知的アプローチと熟練スキル」の勉強会をやることを急遽決めたのが10月25日。
広報もホームページ程度だし、実施まで1か月ないし、まあ10人程度かな、と思っていたのですが、またしても私の予想は外れてしまい、普通の研修会場にしたのですが、そこでももう人数的に厳しい状態でしたので、まさか満席にすることがあるとは思ってもいなかったのですが、本日「満席」とさせていただきました。
土日祝日が空いていないため、「どうしても受けたい」という方には一応12月6日(月)を候補日にさせていただき、人数が数人集まるようでしたら実施したいと思います。
開催が決まれば、11月23日(祝)に申し込まれている方にも「こっちの方が人数が少ないのでアットホームよ」と調整を図りたいと思います。
大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
(10月31日追加:12月6日開催を決めました。平日でもOKの方はどうぞ)

しかしこれまで「どうせ福岡では人が集まらないからやれない」とほとんど東京でしか研修実施してこなかったのですが、いざ実施を始めると驚くばかりです。
今年福岡で私個人として実施したのが
・面接を見るセッション(面接の変化を把握する基礎学習)
・キャリコンスキル個別指導(個人の課題を明確にし、その対処法を個別指導)
・指導能力基礎訓練(指導の基礎を学び、実践のフィードバックを通して自分自身のキャリコン・指導者両方の課題と対処を理解)
・理論と戦略(それぞれの理論はどういうシーンでどう使うのかを理解し、実際の面接で理論を戦略の道具として使う使い方を理解)
・認知的アプローチと熟練スキル(認知的アプローチを理解することで、CC視点がどう役に立つのか、戦略の中に認知的アプローチを加え、感情的アプローチよりも「効率的」な面接を理解する続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

福岡で認知的アプローチ+熟練キャリコンスキルの勉強会やります

11月から東京中心に國分先生のDVDを使って認知的アプローチと熟練レベルキャリコンスキルをつなげた講座を実施していきます。
(キャリ協では3.5時間のセミナーと2日のトレーニングを、キャリアカウンセリング協会で検定対策講座も兼ねた1日の講座を実施していく予定)
どちらも平日(しかもキャリ協は17:30からだしキャリアカウンセリング協会は有給とらないと参加できない)にもかかわらず満席らしくびっくりです。
福岡在住の私が東京で講義をして、自宅近くのカウンセラーが東京まで勉強に行くのもあんまりなので、どこかのタイミングで認知的アプローチも福岡で紹介してあげたい、と思っていました。

一方で、キャリコン技能検定を受験する方から「何とか今回の検定前にロールプレイ含めた勉強会をやってもらえないか」と依頼されました。
この冬はけっこう忙しく、年内は土日が仕事で詰まっていて、上記東京での講座も講師都合で平日実施になっています。
あいているのが11月23日(祝火)ぐらい。すでに1か月前を切っているのですが、頼まれたからには何かしてあげたいし、どうせなら認知的アプローチの勉強も兼ねたものを実施することにしました。
11月23日(祝火)で、周知する時間もないのでほとんど人数集まらないでしょうけど、実施したいと思います。
内容はこんな感じです。
http://career.on.arena.ne.jp/1123NINTI.pdf

将来キャリ協の3.5時間セミナーは「希望者が多ければ7大都市ぐらいではやりたい」という話をキャリ協としていますので、さわりの部分はまた福岡でも紹介する機会があるかもしれませんが、正直3.5時間では基本の基本しか話ができないのでもったいなく思っています。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 19:39| Comment(1) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

福岡で勉強会実施しました

今年は「福岡で勉強できる機会を」と強く要望され、やっとこの週末に2つ実施しました。

1つが面接の変化を見れるようになる勉強会。
面接を聞き、逐語をベースにクライアントの発言がどう変化しているか、この変化をまず把握し、次はなぜその変化が起こったのかカウンセラーの発言を検討する、というもの。
・クライアントのちょっとした語尾やいい方の変化をカウンセラーが捉える事ができればクライアントに投げかける言葉も変化し、クライアントの感情、行動に変化を起こすことができる。
・傾聴だけでなくもっと踏み込んだことが必要。
・まだまだ勉強する必要性と自分の未熟さと可能性を同じく感じた。
・CLを怖がらず確認していく。NGなら修正していくことが重要。
・問題点を明確にしていくことも変化なのだと分かった。
・自分のした面接がCLにとってどうだったのか自己評価できるようになることが自分の課題と感じた。
等々みなさん色々感じたことがあったようです。

そして日曜は個別のスキル訓練。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 19:49| Comment(1) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

人格障害、犯罪者の対応が難しい

昨日ハローワークで面談をやっている人から「人格障害と犯罪者の面談が特に難しい」という話を伺いました。
何故難しいのか、何か支援する方法ないか等考えたことを忘れないように少し書いておきたいと思います。

何故難しいのか?
人格障害(パーソナリティ障害)も犯罪者も、別に仕事の能力自体で就業が難しいという事ではありません。
人格障害は結果としてコミュニケーションがうまくできない状態になることで問題になる障害。
犯罪者(犯罪歴がある人)、は、何故採用されにくいかを考えると「信頼できない」と考える雇用側との間で関係生を作りにくい状態。
一見違って見えるけれど、2つとも雇用主とのコミュニケーション構築が大きなネックになっています。

では、どうすればこの人たちが働けるだろうか、と考えてみました。
続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする