2012年02月14日

中高年??の活用

子供が生まれず、中高年が増え、年金も維持できず、年金まで仕事がない中高年であふれ、日本はもう駄目だー・・・・

一歩身を引いて考えると本当にそうかなー、と思い始めました。

例えば「中高年が多くて労働者2人で高齢者1人を支えなきゃいけなくて日本は維持できない」みたいな論調。
中高年とか高齢者、というこの定義からしてあやしい。

「中」とか「高」とかいう言葉は、平均が変わると変わるはずです。信長の時代「人生50年」と言っていた訳ですから、信長の時代と今とでは引退の年齢は違うはず。寿命は長くなり、しかも医療の発達で年をとっても元気なわけですから、以前に**才定年、と年齢で決めたから今「制度が持たない」となっている訳ですが、以前が5人で1人を支える社会だったとすれば、年齢の高いグループの約15%(年齢偏差60以上)が引退、みたいな社会になれば、制度も持続可能です。
みんなの寿命が長くなったから仕方ない、別に60才でも母集団の中ではまだ「普通」ということです。

この考えだとみんなの寿命が長くなるのだから長く働かないといけません。
でも人生の中で定年退職楽隠居している年月比率ってどのくらいがいいのでしょう?
60で定年で90で死ぬような人生の1/3楽隠居は長すぎるんじゃないかなー。元気を持て余してします。仕事は基本はけっこう楽しいものです。仕事ないと人生つまらないし・・・。

子供が少なくなって、これまでよりも年齢が高い人間や女性が働かないと日本の労働力維持できないのだから、年金までの仕事がない、という心配は矛盾した話です。単に年齢が高い人間の能力と不足する仕事がうまくマッチングできない、という問題ではないでしょうか?

最近40代50代のキャリア研修を頼まれることが増えているのですが、
「年上のメンバーが配属されたとき、活用できる年長者と活用しにくい年長者の差」を受講生同士でディスカッションしてもらうと、年長者は体力・記憶力は衰えているけれど、経験や知識や人の使い方もうまいので「(感情や意味を共有できる)コミュニケーション能力があれば十分戦力になる」と気がつきます。

だとすれば、
1)(感情や意味を共有できる)コミュニケーション能力を社員に徹底的に叩き込む
2)体力の衰えをカバーするマシンの量産化を行う
ということでけっこうなんとかやれそうな気がします。

1)はキャリアカウンセラーが育成者として企業内でももっと活躍するという話
2)は世界で最も早く少子高齢化の問題に日本が直面しているのだから、ここで作った機械で今後世界の高齢者サポートツールのデファクトをとって日本製品が世界中に拡がるという話

不安に思うよりそろそろ前向きな対処を一緒に考える時期ではないか、と思い始めたのでした。

ピンチはチャンス。
もうひと踏ん張り、いい仕組みを実現しましょう。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 16:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

生活保護対処案追加

コメントや直接メールでアドバイスありがとうございます。

頂いたメールの情報を共有します。
*******************************
ビックイシューはご存知でしょうか
http://www.bigissue.jp/about/index.html
以前、東京都の施策でホームレスの方々用の住居を安価で提供しビックイシューを売った利益で自活の道を手にしていたこともあったともやいの説明会で聞いたことが有ります。
既に、上記の施策(家の提供)は終了しているそうです。
結局、固定費(家賃)でお金が回らなくなりあっという間に貧困に陥ってしまう層は多いです。

*******************************
以上引用終了

忘れていました。ビックイシューはアメリカで成功している社会復帰のビジネスモデルでした。
このモデルのカギは、有名人が「ビックイシューなら」=「社会の為に」とボランティアでインタビュー等に応じてくれること。それを印刷して失業者が手売りし、売り上げに応じ報酬をもらい云々はは仕組みとしては「努力が成果につながる」いい仕組みですが、キラーコンテンツが手に入らないと成功しない。
でも、震災チャリティの様子を見ると、日本でも有名人が社会支援で自分にできるボランティアをするというのは1年ぐらいならできそうな気がしますね。
ブームで終わらずに継続できるかはまだ良くわかりませんが・・・

やっぱり「仕事がないなら金をやる」というこれまでの仕組みは良くないですね。
そんなことすると私でも働く意欲なくなりそう。
もらう金を最低賃金で割った時間ぐらいは、ゴミ拾いでも、溝掃除でも、社会の為の役立つ労働をしてもらえば、どうせ時間を使うなら自分が好きなこと、となる気がします。でも自由な時間を捨てて、きつい仕事をして、収入は同じか減る程度となれば、そりゃ今のままでいいやと思うでしょう。

アイディア継続して募集していますので、よろしくお願いします。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

発達障害活用企業

発達障害に興味がある、と発言したら、いろいろと情報を頂けました。ネットワークがあるというのは有難いことです。

さて、世界のベストプラクティスは
Specialisterne 社
デンマークの会社で、自閉症の子供を持つ父親が、自閉症の強みである「真面目」「地道にコツコツ」論理性」「ルールにこだわる」「正直」等を活用して、ソフトウエアのテストを行う会社を興し、今他国(デンマークからアイスランド、ベルリン、ポーランド、アイルランド)まで展開しようとしています。
ハーバードビジネススクールで社会的企業のケースで使っているそうです。
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL2d1bGZuZXdzLmNvbS9saWZlLXN0eWxlL2dlbmVyYWwvc29ubmUtc2hpbmVzLXdpdGgtY29tcGFueS1mb3ItcGVvcGxlLXdpdGgtYXNkLTEuNzE4NTIw,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL2hici5vcmcvMjAwOC8wOS9lbnRyZXByZW5ldXItdGhvcmtpbC1zb25uZS1vbi13aGF0LXlvdS1jYW4tbGVhcm4tZnJvbS1lbXBsb3llZXMtd2l0aC1hdXRpc20vYXIvMQ==,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,

日本で見つけたのは
アイエスエフネット
http://www.isfnet.co.jp/csr/society/index.html
ここでは身体障害、知的障害、精神障害等が助け合いながら仕事をすることを推進しているそうです。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 07:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

採用での企業の視点:大学の新卒支援のカウンセラーへ

JIL(労働政策研究・研修機構)の方から採用時にコンピテンシーをどう使っているかという調査を紹介して頂きました。
http://www.jil.go.jp/institute/research/2009/056.htm

コンピテンシーもさまざま定義があるのですが、このレポートでは、各定義の共通点を抽出して
1)特定の職務や状況に関連している
2)高い業績・成果に結びつく
3)行動の形で顕れる
4)個人の潜在的な特性である
とまとめてありました。

誰の定義をどう使うかけっこう迷っていたのですが、先行研究を網羅的に整理してくださっている(P19)のでコンピテンシーに関心がある方には参考になると思います。

今回の研究は「大学新卒採用」でのコンピテンシー利用のテーマで、個人的には「コンピテンシーを行動で顕在化するだけの修羅場経験が少ないのでみるのは難しいのでは」と思っていたのですが、けっこう学生でもコンピでの評価が有効という人事の意見もあり(IT系)業界によっては学生時代から既に差がずいぶんあるということなのかなー、と認識を新たにしました。
しかし、面接だけでは見れないという意見も多く、上司が日々の行動ベースで判断できる管理職の選考指標としてのコンピテンシー評価とは違い、ヒアリングに格段のスキルが新卒向けには求められそうです。

本来の調査の目的とは違うのでしょうが、後半、20社の
・採用方針
・評価事項(どういう部分を評価するか)
・評価方法
が書いてあり、実際に採用で「何を見ているか」を知る手がかりになります。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

技術者・研究者の活性化

最近技術者や研究者のキャリア関連の話もくるようになりました。
技術者や研究者は営業や経営スタッフとは違って結果が見えにくいのですが、技術者や研究者が強くならなければ日本の国際優位性は確保できない肝とも言える職種です。

何かいい方法やっている企業はないか、と常に興味を持って探しているのですが、世界のグーグルが何をやっているかが分かる本が出ていますので、この領域の人事やカウンセラーの方、是非ご一読ください。

「ザ・グーグルウエイ」ベルナール・ジラール著

経営戦略の本としても面白いのですが、人事施策部分が技術者・研究者の人事施策を検討している方には役立ちます。

優秀な人間は金だけではこないのはみなさんご存じだとお思いでしょうが、優秀な人間を取る為に何をするか、が技術に立脚した競争優位性確保の最大のKFSになります。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする