2013年04月09日

65歳定年延長と解雇緩和

65歳定年延長(将来70歳と言った方が良いけど)と雇用解雇を容易にする(今回反対多くダメになったらしい)について書こうと思っていたら、いいタイミングで城繁幸さんがブログに書いていました。
http://jyoshige.livedoor.biz/archives/6420409.html
ご参考にどうぞ。

定年延長制度は正社員のレールに乗った(乗り続けることができる)人にはすごくお得な仕組みですが、当然ながらコストを考えると乗れる人を絞り込まなければ収支が回らないし、正社員と非正規社員との格差が拡大する施策です。

今回断念したらしい?解雇を容易にする(金で解雇できるようにする)施策は、マクロの雇用数を増やすためには個別の会社が逆ザヤなのに雇い続けなければいけないからその仕事を止めれず、新しい分野にシフトできず、結果雇用が高賃金低成果のひとに取られるが故に安い若手を多く雇用できない、これを変える、というもの。
反対者の代表的な意見は「中小企業の実態は無理な解雇が横行しており、そんな金で解決できるようにしたらもっとひどくなる」というもの。
反論は理屈が通っていません。今はルールが実質ないから無理な解雇が横行する、中小企業については、ルールが出来た方が金をいくら払わなければいけないか明確になるため、非道なことは今よりもしにくくなるか、最悪でも今と同じ。解雇をしにくいという今の制度の最大の受益者は大企業の中高年のしかも自分は逆ザヤではないかと心配している層。

背景にはこういう今の制度の受益者の本音があると思います。
今の制度は大企業でエリート(小さな比率)の正社員になれれば65歳70歳まで安定。(そういう正社員が社会の中で発言権が強いから)自分が得な制度は手放したくない。
非正規は正社員になれなかった(自分よりも劣る人たちだから)不安定でも仕方ない。

でもこれ、やっぱり仕組みとしてよくないと思います。

本質は、変化に強い社会にしていくこと。会社に守ることを強要するのではなく、会社を離れても新しく自分が活躍できる会社を見つけることができる仕組み。
その為には自分の能力と求める会社の能力が見える化されていて、しかも能力を伸ばす学習の仕組みと、能力を客観的に評価しやすい(完璧な評価はない)仕組みがある社会。
こういうものを目指した方が良いと思うんですけど、どうでしょう?

どうも本質からずれた施策が採用されているようで心配です。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

プロフェッショナルとしてのキャリアカウンセラー

プロフェッショナル(職業)としてのキャリアカウンセラーというか、キャリアカウンセラーの価値と報酬について私(田中春秋)の考えを書きたいと思います。
キャリアカウンセリングの場合、直接のクライアントと報酬のスポンサーが異なっていることが大半(直接クライアントが支払う場合以外)ですから一層難しい状況があります。
まず、報酬と言う点では、評価できない組織ではプロとして価値を大きくしたとしても報酬に影響はありません。これが一番大きな要素でしょうか?特に公的な機関で働いている方はそういう環境が多いかもしれません。組織の目的が「苦情の発散口を作る」や「相談できる場所を作ると約束したから実施している」というような場合は、最低限のコストでサービスが存在するだけでスポンサーは満足するのですから価値も何もあったものではない訳です。
こういう場合、報酬のことは忘れてクライアントへの価値をセルフモチベートで高めていく、というのも一つの方法ですが、望ましい姿はキャリアカウンセリングの成果の量がスポンサー自身の得(利益)につながることを理解させ、結果の量(成果)を増やす工夫をした方がスポンサーにとっても有利だ、と納得させる事です(難しいですけどね)。
以下、評価する意欲がある組織の場合、何が価値に繋がるのかを考えてみたいと思います。
基本はクライアントとスポンサーと両方のニーズに応えた部分だけが職業としての報酬に繋がるという事。
魚屋の販売職だったら、うまい大根や醤油を紹介してあげても、報酬は魚が売れた額に連動する。お客さんが喜んだから価値ではなくて、顧客さんが喜んで魚はここで買う、と顧客が増える(購買行為が増える)ことにより結果として魚が売れる量が増えることが価値。
その意味では、魚の料理の仕方を教えてお客が喜んでも、この店の魚が高いからよその店で買う、や、鮮度が悪いからよその店で買うのでは職業としての価値にはなりません。教えてくれることへのお返しとして、その店が買うや他の顧客を紹介するというお返しがあり、結果として魚が売れる量が増えて価値。いいことをするだけだと、職業ではなくボランティアです。
(自分の価値や対価を同じ魚屋で大きくするためには、経営に対し手ごろな価格の魚の仕入れや鮮度管理の徹底、更には魚関連商品例えば大根や醤油の一部仕入を提案し、実現することができれば同じ行為でも報酬に繋がる価値が大きくなります)
では個別の領域ごとだとどうなるでしょう?

<企業内キャリアカウンセラー>
クライアントニーズ:様々な問題を抱え悩んでいる
スポンサーニーズ:悩んでいるために成果行動が落ちているので改善してほしい(あるいは病気による長期の成果行動停滞や社員退職による成果損失を回避したい等)
とすると、気持ちを分かってもらったでは物足りなくて、問題解決に向けたクライアントの行動として、成果行動(能力向上への投資等含む)が増えて初めて価値をスポンサーは感じるという事です。
カウンセリングの結果として、「クライアントの成果行動の増加」×「変化の保持期間」の面積が価値のベース。プロへの報酬の考え方は、行動増加による会社の利益増加額×期間×変化発生者への分配率みたいな感じでしょうか?(そこまで真面目に考えている発注者はいませんが理屈上)
病気の停滞防止は何も問題が発生してないうちは評価が難しいですね。既に一定率で発病していたのであれば、カウンセリングの仕組みを入れたことによる発病数減少数×発病による利益損失額×変化発生者への分配率かな?
出産・介護での危機の乗り越えのテーマだと、そのまま危機に直面し退職してしまう場合にクライアントが生み出す会社の収益と危機を乗り越え(一定期間成果が落ちたとしても)退職までに生み出す会社の収益との差×乗り越え支援者への分配率・・・
評価が見えやすいのは成果行動の増加ぐらいです。
カウンセリングを受けて、上司が「あいつ変わったなー」と評価し(人事に伝え)、その前向きな行動が長続きする、その期待値(全員変化しなくても目立つ変化があれば期待値として予算化できる)に対し報酬を支払できます。
とすると、カウンセラーは単なるカウンセリングスキルだけでなく、その会社やその職種のコンピテンシーを理解しており、コンピテンシーの高め方が分かり、変化が長持ちするための工夫(現場の障害の乗り越え方や上司を味方にする仕掛け等)をした方が価値が大きくなる、ということです。
続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

中高年??の活用

子供が生まれず、中高年が増え、年金も維持できず、年金まで仕事がない中高年であふれ、日本はもう駄目だー・・・・

一歩身を引いて考えると本当にそうかなー、と思い始めました。

例えば「中高年が多くて労働者2人で高齢者1人を支えなきゃいけなくて日本は維持できない」みたいな論調。
中高年とか高齢者、というこの定義からしてあやしい。

「中」とか「高」とかいう言葉は、平均が変わると変わるはずです。信長の時代「人生50年」と言っていた訳ですから、信長の時代と今とでは引退の年齢は違うはず。寿命は長くなり、しかも医療の発達で年をとっても元気なわけですから、以前に**才定年、と年齢で決めたから今「制度が持たない」となっている訳ですが、以前が5人で1人を支える社会だったとすれば、年齢の高いグループの約15%(年齢偏差60以上)が引退、みたいな社会になれば、制度も持続可能です。
みんなの寿命が長くなったから仕方ない、別に60才でも母集団の中ではまだ「普通」ということです。

この考えだとみんなの寿命が長くなるのだから長く働かないといけません。
でも人生の中で定年退職楽隠居している年月比率ってどのくらいがいいのでしょう?
60で定年で90で死ぬような人生の1/3楽隠居は長すぎるんじゃないかなー。元気を持て余してします。仕事は基本はけっこう楽しいものです。仕事ないと人生つまらないし・・・。

子供が少なくなって、これまでよりも年齢が高い人間や女性が働かないと日本の労働力維持できないのだから、年金までの仕事がない、という心配は矛盾した話です。単に年齢が高い人間の能力と不足する仕事がうまくマッチングできない、という問題ではないでしょうか?

最近40代50代のキャリア研修を頼まれることが増えているのですが、
「年上のメンバーが配属されたとき、活用できる年長者と活用しにくい年長者の差」を受講生同士でディスカッションしてもらうと、年長者は体力・記憶力は衰えているけれど、経験や知識や人の使い方もうまいので「(感情や意味を共有できる)コミュニケーション能力があれば十分戦力になる」と気がつきます。

だとすれば、
1)(感情や意味を共有できる)コミュニケーション能力を社員に徹底的に叩き込む
2)体力の衰えをカバーするマシンの量産化を行う
ということでけっこうなんとかやれそうな気がします。

1)はキャリアカウンセラーが育成者として企業内でももっと活躍するという話
2)は世界で最も早く少子高齢化の問題に日本が直面しているのだから、ここで作った機械で今後世界の高齢者サポートツールのデファクトをとって日本製品が世界中に拡がるという話

不安に思うよりそろそろ前向きな対処を一緒に考える時期ではないか、と思い始めたのでした。

ピンチはチャンス。
もうひと踏ん張り、いい仕組みを実現しましょう。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 16:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

生活保護対処案追加

コメントや直接メールでアドバイスありがとうございます。

頂いたメールの情報を共有します。
*******************************
ビックイシューはご存知でしょうか
http://www.bigissue.jp/about/index.html
以前、東京都の施策でホームレスの方々用の住居を安価で提供しビックイシューを売った利益で自活の道を手にしていたこともあったともやいの説明会で聞いたことが有ります。
既に、上記の施策(家の提供)は終了しているそうです。
結局、固定費(家賃)でお金が回らなくなりあっという間に貧困に陥ってしまう層は多いです。

*******************************
以上引用終了

忘れていました。ビックイシューはアメリカで成功している社会復帰のビジネスモデルでした。
このモデルのカギは、有名人が「ビックイシューなら」=「社会の為に」とボランティアでインタビュー等に応じてくれること。それを印刷して失業者が手売りし、売り上げに応じ報酬をもらい云々はは仕組みとしては「努力が成果につながる」いい仕組みですが、キラーコンテンツが手に入らないと成功しない。
でも、震災チャリティの様子を見ると、日本でも有名人が社会支援で自分にできるボランティアをするというのは1年ぐらいならできそうな気がしますね。
ブームで終わらずに継続できるかはまだ良くわかりませんが・・・

やっぱり「仕事がないなら金をやる」というこれまでの仕組みは良くないですね。
そんなことすると私でも働く意欲なくなりそう。
もらう金を最低賃金で割った時間ぐらいは、ゴミ拾いでも、溝掃除でも、社会の為の役立つ労働をしてもらえば、どうせ時間を使うなら自分が好きなこと、となる気がします。でも自由な時間を捨てて、きつい仕事をして、収入は同じか減る程度となれば、そりゃ今のままでいいやと思うでしょう。

アイディア継続して募集していますので、よろしくお願いします。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

発達障害活用企業

発達障害に興味がある、と発言したら、いろいろと情報を頂けました。ネットワークがあるというのは有難いことです。

さて、世界のベストプラクティスは
Specialisterne 社
デンマークの会社で、自閉症の子供を持つ父親が、自閉症の強みである「真面目」「地道にコツコツ」論理性」「ルールにこだわる」「正直」等を活用して、ソフトウエアのテストを行う会社を興し、今他国(デンマークからアイスランド、ベルリン、ポーランド、アイルランド)まで展開しようとしています。
ハーバードビジネススクールで社会的企業のケースで使っているそうです。
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL2d1bGZuZXdzLmNvbS9saWZlLXN0eWxlL2dlbmVyYWwvc29ubmUtc2hpbmVzLXdpdGgtY29tcGFueS1mb3ItcGVvcGxlLXdpdGgtYXNkLTEuNzE4NTIw,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL2hici5vcmcvMjAwOC8wOS9lbnRyZXByZW5ldXItdGhvcmtpbC1zb25uZS1vbi13aGF0LXlvdS1jYW4tbGVhcm4tZnJvbS1lbXBsb3llZXMtd2l0aC1hdXRpc20vYXIvMQ==,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,

日本で見つけたのは
アイエスエフネット
http://www.isfnet.co.jp/csr/society/index.html
ここでは身体障害、知的障害、精神障害等が助け合いながら仕事をすることを推進しているそうです。続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 07:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする