2017年04月07日

ジョブカード改善案大募集

ジョブカードはポテンシャルあるけど全然だめで厚労省に提案したい、とこのブログで勝手に言っていたのが2012年の1月末。
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/249565382.html
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/252182885.html
意見を聞かれ新ジョブカードに代りましたが、それでもまだまだうまく使えていない。
国民を成長させるツールとしてどう変えれば(変えるより名前変えて作り直した方が早いといういう意見もありますが)公的に意見を言える場をもらっています。

今ジョブカード(新ジョブカード)の不満がある方や改善策をお持ちの方、是非ご意見を頂ければと思っています。国民の成長支援施策へのご意見でもよいです。

個人的には「全部書かないとダメ」というルールを「自己理解を深める道具なのだから一部利用でよい」や、「クライアントがデータ保持でカウンセラーは持ってはいけない」を「本人了解でデータ共有可」に、キャリアマトリクスにあったような簡易アセスメントを補強、細かすぎる能力要件をもっと絞り込んで日本の国際競争力向上の基礎コンピテンシー(コンピテンシーはビジネスでパテント上使えないなら能力要件)をまとめてそれを固める「高め方」をキャリアコンサルタントの企業領域に教育等考えています。
皆さんの意見を国の施策に反映するチャンスです。
アイディアある方はご意見ください。
よろしくお願いします。。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

0411交流会(体感編)御感想

ドキドキ、ワクワク参加されて、「何だココは!?」と、温かさ楽しさ幸せ感じているうちに、「あぁ、何か出来そう」と、心の扉が開き、行動を起こす準備が出来て一歩を踏み出される御様子をヒシヒシと感じていました。
心の声を、ありがとうございます。


・予想通り為になりました。CCとして必要な「思考」「感情」「行動」の「言語化」を練習することができ、このワークショップは必要だと胸を張って推薦します。
・すっかり安心、心地良い時間を過ごしました。信頼すること、開示すること、それを体感でき、初めて人との関わりに本当の楽しみを知りました。
・初心に戻れる、気づきが沢山ある、心と体がリフレッシュする、自分の立ち位置が分かる、何が足りないかに気づく、ネットワークが広がる、自身の強みにも気づく、志が膨らむ。学びと新たなネットワークそしてエネルギーを持ち帰れました。
・皆さんの志が高く、今ある自分はどうして?から始まった学びが面白く、どんな人にも知って頂きたいと思っています。第1部の「体感」では、寄り添いの難しさを改めて感じました。めったに経験できない体験の機会を与えて頂きました。
・意識すること、無意識であることで体の変化が違うと気づき、体感できた。CCとCLとの距離感の意識の持ち方と、お互いの色々な方と交流させて頂く事により、学びと繋がりと刺激を頂くことができることは、大変有難いです。
・貴重な「学び」と「交流」の機会を頂き、本当に有り難うございました。
決して我々が見失ってはいけないカウンセリングの本質を体感させて頂き、参加させて頂いたことを感謝しております。
・とても参考になりました。体感ワークは良き刺激となり、またネットワークも一気に開けた感じがします。ありがとうございます。
・今日の「体感」で、自分のカウンセリングで不足しているところを体で感じ取ることが出来ました。
また、様々な方と知り合えてネットワークが広がりました。
・今回は目の前の心のシャッターを開けてみました。パワーのシャワーを沢山頂きました。参加してよかったと感謝の気持ちでおります。
・日頃、頭で考え、思い(感じているつもり)、体は意識したことがありませんでした。体を動かし触れ合いながら自分の気持ちを感じる。相手の気持ちも体を通して感じる。貴重な体験でした。カウンセリングに通じる“この感覚”は忘れずにいたいと思います。色んな方と話が弾み、とても楽しかったです。分野は違えど、このような集いの場を提供いただき感謝しております。
・運営がとてもスムーズで快適でした。1分自己紹介も、とても良かったです。
・素敵な時間をありがとうございました。皆さんの志を聞いて、今からまた頑張ろうと感じることが出来ました。
・自分の強みを活かして人の役に立ちたい。自らの「志」を掲げることが出来た。その為に常に自己研鑽を積んでいきたい。
・楽しい時間、充実の時間を過ごしました。今後の大きなネットワークを頂いた様に感じています。今後も楽しみにしています。
・どんな世界が広がるだろうとワクワク感で参加させていただき、CLと向き合う時に大切な心と体を体感させていただきました。まさに、カウンセリングの根本とも言えることを、心に体に刻みました。
・体感した安心感を、他の方にも広めていけたらと思います。志の高い方と知り合いになれて、今回のチャンスをネットワークとして広げて、一緒に仕事していけたらと思います。本当に嬉しいです。
・体感するワークを通して、頭で理解していたものを感じることが出来た。更に、頭では理解出来ていなかった、気づいていなかったことまで体感から気づくことが出来たのは驚きです。とても大事なギフトを頂きました。また、出会った方々が魅力的で楽しかったです。

「出会った方々が魅力的で楽しかったです。」 うーん、殺し文句。
皆さんの様子を見ていても、何十年かぶりに会う旧友のよう。とても初対面とは思えません。
きっと魂同士は、ずっと前から知り合いだったのかと思ってしまうほどです。
「同志」とは、そのようなものなのでしょうか?

どうぞ、まだ御参加されてない方も素敵な仲間に会いに来てください。
待っています。 (洋子)

0411体感写真.jpg
0411写真.jpg
0411.jpg
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

技能検定

技能検定の結果が発表になったようで、
合格した!
科目合格で残念、等
のメールが来ています。

合格した皆様、おめでとうございました。
不合格だった皆様、残念でしたが、これを成長の機会にしましょう。



続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

65歳定年延長と解雇緩和

65歳定年延長(将来70歳と言った方が良いけど)と雇用解雇を容易にする(今回反対多くダメになったらしい)について書こうと思っていたら、いいタイミングで城繁幸さんがブログに書いていました。
http://jyoshige.livedoor.biz/archives/6420409.html
ご参考にどうぞ。

定年延長制度は正社員のレールに乗った(乗り続けることができる)人にはすごくお得な仕組みですが、当然ながらコストを考えると乗れる人を絞り込まなければ収支が回らないし、正社員と非正規社員との格差が拡大する施策です。

今回断念したらしい?解雇を容易にする(金で解雇できるようにする)施策は、マクロの雇用数を増やすためには個別の会社が逆ザヤなのに雇い続けなければいけないからその仕事を止めれず、新しい分野にシフトできず、結果雇用が高賃金低成果のひとに取られるが故に安い若手を多く雇用できない、これを変える、というもの。
反対者の代表的な意見は「中小企業の実態は無理な解雇が横行しており、そんな金で解決できるようにしたらもっとひどくなる」というもの。
反論は理屈が通っていません。今はルールが実質ないから無理な解雇が横行する、中小企業については、ルールが出来た方が金をいくら払わなければいけないか明確になるため、非道なことは今よりもしにくくなるか、最悪でも今と同じ。解雇をしにくいという今の制度の最大の受益者は大企業の中高年のしかも自分は逆ザヤではないかと心配している層。

背景にはこういう今の制度の受益者の本音があると思います。
今の制度は大企業でエリート(小さな比率)の正社員になれれば65歳70歳まで安定。(そういう正社員が社会の中で発言権が強いから)自分が得な制度は手放したくない。
非正規は正社員になれなかった(自分よりも劣る人たちだから)不安定でも仕方ない。

でもこれ、やっぱり仕組みとしてよくないと思います。

本質は、変化に強い社会にしていくこと。会社に守ることを強要するのではなく、会社を離れても新しく自分が活躍できる会社を見つけることができる仕組み。
その為には自分の能力と求める会社の能力が見える化されていて、しかも能力を伸ばす学習の仕組みと、能力を客観的に評価しやすい(完璧な評価はない)仕組みがある社会。
こういうものを目指した方が良いと思うんですけど、どうでしょう?

どうも本質からずれた施策が採用されているようで心配です。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

プロフェッショナルとしてのキャリアカウンセラー

プロフェッショナル(職業)としてのキャリアカウンセラーというか、キャリアカウンセラーの価値と報酬について私(田中春秋)の考えを書きたいと思います。
キャリアカウンセリングの場合、直接のクライアントと報酬のスポンサーが異なっていることが大半(直接クライアントが支払う場合以外)ですから一層難しい状況があります。
まず、報酬と言う点では、評価できない組織ではプロとして価値を大きくしたとしても報酬に影響はありません。これが一番大きな要素でしょうか?特に公的な機関で働いている方はそういう環境が多いかもしれません。組織の目的が「苦情の発散口を作る」や「相談できる場所を作ると約束したから実施している」というような場合は、最低限のコストでサービスが存在するだけでスポンサーは満足するのですから価値も何もあったものではない訳です。
こういう場合、報酬のことは忘れてクライアントへの価値をセルフモチベートで高めていく、というのも一つの方法ですが、望ましい姿はキャリアカウンセリングの成果の量がスポンサー自身の得(利益)につながることを理解させ、結果の量(成果)を増やす工夫をした方がスポンサーにとっても有利だ、と納得させる事です(難しいですけどね)。
以下、評価する意欲がある組織の場合、何が価値に繋がるのかを考えてみたいと思います。
基本はクライアントとスポンサーと両方のニーズに応えた部分だけが職業としての報酬に繋がるという事。
魚屋の販売職だったら、うまい大根や醤油を紹介してあげても、報酬は魚が売れた額に連動する。お客さんが喜んだから価値ではなくて、顧客さんが喜んで魚はここで買う、と顧客が増える(購買行為が増える)ことにより結果として魚が売れる量が増えることが価値。
その意味では、魚の料理の仕方を教えてお客が喜んでも、この店の魚が高いからよその店で買う、や、鮮度が悪いからよその店で買うのでは職業としての価値にはなりません。教えてくれることへのお返しとして、その店が買うや他の顧客を紹介するというお返しがあり、結果として魚が売れる量が増えて価値。いいことをするだけだと、職業ではなくボランティアです。
(自分の価値や対価を同じ魚屋で大きくするためには、経営に対し手ごろな価格の魚の仕入れや鮮度管理の徹底、更には魚関連商品例えば大根や醤油の一部仕入を提案し、実現することができれば同じ行為でも報酬に繋がる価値が大きくなります)
では個別の領域ごとだとどうなるでしょう?

<企業内キャリアカウンセラー>
クライアントニーズ:様々な問題を抱え悩んでいる
スポンサーニーズ:悩んでいるために成果行動が落ちているので改善してほしい(あるいは病気による長期の成果行動停滞や社員退職による成果損失を回避したい等)
とすると、気持ちを分かってもらったでは物足りなくて、問題解決に向けたクライアントの行動として、成果行動(能力向上への投資等含む)が増えて初めて価値をスポンサーは感じるという事です。
カウンセリングの結果として、「クライアントの成果行動の増加」×「変化の保持期間」の面積が価値のベース。プロへの報酬の考え方は、行動増加による会社の利益増加額×期間×変化発生者への分配率みたいな感じでしょうか?(そこまで真面目に考えている発注者はいませんが理屈上)
病気の停滞防止は何も問題が発生してないうちは評価が難しいですね。既に一定率で発病していたのであれば、カウンセリングの仕組みを入れたことによる発病数減少数×発病による利益損失額×変化発生者への分配率かな?
出産・介護での危機の乗り越えのテーマだと、そのまま危機に直面し退職してしまう場合にクライアントが生み出す会社の収益と危機を乗り越え(一定期間成果が落ちたとしても)退職までに生み出す会社の収益との差×乗り越え支援者への分配率・・・
評価が見えやすいのは成果行動の増加ぐらいです。
カウンセリングを受けて、上司が「あいつ変わったなー」と評価し(人事に伝え)、その前向きな行動が長続きする、その期待値(全員変化しなくても目立つ変化があれば期待値として予算化できる)に対し報酬を支払できます。
とすると、カウンセラーは単なるカウンセリングスキルだけでなく、その会社やその職種のコンピテンシーを理解しており、コンピテンシーの高め方が分かり、変化が長持ちするための工夫(現場の障害の乗り越え方や上司を味方にする仕掛け等)をした方が価値が大きくなる、ということです。
続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする