2005年07月14日

10年後20年後の労働力推移

厚生労働省の雇用政策研究会報告。
            2004年 →2015年 →2030年
労働力人口(トレンド):6642万人→6234万人→5595万人
労働力人口(対策有り):6642万人→6535万人→6112万人

<対策提案>
・60歳代後半層への雇用・就業支援
・出産/子育て離職者への再就職支援
・新卒以外の採用機会創設
続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | (企業:キャリア施策事例総論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

出産退職した女性の再就職を支援(読売新聞引用)

出産退職した女性の再就職を支援…政府が検討会議設置(読売新聞引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050605i311.htm

 政府は7月、出産で仕事を辞めたが、再就職を希望する女性の支援のため、関係閣僚による「女性の再チャレンジ支援策検討会議」を男女共同参画推進本部に設置する。
 女性の再就職や起業に関し、政府による情報提供体制の整備や、非営利組織(NPO)を活用した支援策などを検討する。女性が自宅で子育てをしながら再就職のための職業能力を身につけることができるような具体策も検討し、支援計画に盛り込む考えだ。
 内閣府によると、12歳未満の子供を持ち、就職を希望する女性は、約250万人に上るという。




続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | (企業:キャリア施策事例総論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

マネジャーのメンバー育成技量向上のために

成果主義が厳しくなり、マネジャーへの要望度はますます高くなっている気がします。
マネジャーからしてみると、
景気は悪いのに業績上げないと無能と見られ、
メンバーは一面いつ追い越されるかわからないライバルでもあり、
自分の将来も見えないのにメンバーのキャリア育成をミッションだと言われ、
ストレスが大きいにも関わらず、誰も自分の面倒を見てくれない。

マネジャーの仕事は、メンバーとWillと会社のミッションの統合、と言われても・・・続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | (企業:キャリア施策事例総論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

成果主義の下、自立的キャリア形成が必要な理由

成果主義導入とキャリアが関係していそうだけど、「何故?」と聞かれると説明に困ります。
そのひとつの回答を、野村総合研究所の調査にみつけました。
2005年4月8日株式会社野村総合研究所「成果主義の定着には、「人の絆」の改革が必須
〜人事制度改革に関する意識調査結果から人事部の新たな役割を提示〜」 参照
http://www.nri.co.jp/news/2005/050408.html

続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | (企業:キャリア施策事例総論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

企業内社内失業者の現状(変化)

(週間エコノミスト2005年5月24日号参照)
飯塚直己氏:
第一生命経済研究所試算
97年後半の企業内社内失業者 375万人
2004年後半の企業内社内失業者 17万人

<コメント>
驚き!いつの間にか社内失業こんなに減っているとは。
仕事は増えているのに社員へって、遊んでいるわけにもいかなくなったのか?
それとも働かざるもの食うべからず、と社外になったのか?
いずれにしても、私のイメージは97年のままでした。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | (企業:キャリア施策事例総論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする