2015年06月06日

感謝

やっと春秋ネットに勉強会の情報同報できました。

インターネットが繋がらない。
HPが壊れた(サーバー上は変化ないけど、PC上のデータが消えてしまった)。
HPソフト上は復旧したけど、サーバーにアップできない。
同報ソフトが使えなくなった。
新しい同報ソフトを買ったけど、送信できない。

復旧に1か月ぐらいかかるとか思っていましたが、何とか数日で山を越える事が出来ました。
よかった。

当たり前のことが当たり前にできる素晴らしさ。
今では当たり前と思っていても、この仕組みを創造し提供している人たちの素晴らしさ。
無くなるとよく分かる。
本当に感謝です。

そうやって考えると、電気も、鉄道も、コンビニはじめ商店も、街並みも、仕事やプライベートでの周りの人々も、無事平穏に過ごせているというのは素晴らしい事だと感じます。

昔、感謝の習慣をつける(これが幸福に生きるのに相関が強い)為に毎日感謝を3つ書いていた時期がありましたが、こういう逆境がある事で、そばで支えてくれる存在への感謝をより感じることができます。

ご心配おかけしました。

こんなトラブルに時間がかかった(仕事から帰って深夜までと、早朝から仕事に出る前)せいで、頼まれている仕事が大渋滞中。
踏ん張って片付けていきます。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

トコトン上手くいかない

トコトン上手くいきません。

急ぎで仕事をしないといけないのに、急にインターネットが使えなくなりました。
8月22日23日の大阪の勉強会と9月22日23日の福岡の勉強会を会場も予約してやっとアップするつもりが、ネットが使えないと春秋ネットの登録、情報確認もできない。

その上、パソコン上のホームページソフトが壊れた!
(パソコン上のキャリア研修センターのHPのサイトがなくなってしまった、何故?)

インターネットは潮風で外の接続がダメになったらしいと修理のおじさん。やっと復旧。
ホームページはパソコン上は何とか再構築したけど、何回やってもどうやっても、ネット上のサーバーと繋がらない。
これが今。

これを復旧し、勉強会の情報をHPにあげ、春秋ネットの同報し、という工程を早くやりたいのに・・・
ただでさえ仕事が国家資格化対応等大変なのに、こんなトラブルまで・・・

焦りや怒りもあるのだけれど、気を取り直して認知の修正。
悪いことがあるからこそ、それが上手くいっていた日常に感謝できる。
ココを乗り越えることで、また新しい知識やノウハウを獲得できる。
大体、ライフラインでも、山も谷もなくただダラダラと下がっていく人生よりも、山や谷があり、喜びも悲しみもある人生が好き。
自分が一番好きなのは、谷から山に上がっていくとき。
それって、谷を過ぎたらもうすぐ。

頑張って今日も研修頑張ります。
帰って夜再度復旧。
何日後に復旧できるか、1ヶ月はかからないようにしたいと願っています。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

交流会と姿勢態度

3回目の交流会の感想と写真をアップしてもらいました。
実施したワークは「からだ体験モードで学ぶカウンセリング」

交流会を始めたのは、丁度テレビでやっている松下村塾のように、みな高めあう場、そういう人が出会う場を作りたかったから。
参加者同士が知り合いになるだけでなく、想いや志で繋がって行く実感持てるほどうまくいっていると感じています。

ワークで「からだ体験モード」や「ノンバーバル」をやっているのは、私の先生や先輩方々から「ノウハウや方法ばかりに走って、姿勢態度ができてないカウンセラーが多い」と指摘されたから(私の教え方として最初に姿勢態度を徹底すべきで、それが弱い人にスキルを教えてもダメと言われているように感じたから)。
これも感想を見ると、「寄り添う」とはどういうことで、自分は実は寄り添ってなく自分勝手に押していただけ、とか、「信頼」とはどういうもので、それを感じ取ることができた、分かっていることが伝わってきます。
たかが2時間のワークでここまで感じ取ることができる人が多いのであれば、カウンセラー養成の最初に入れようかとかも思いたくなるほどうまくいっている。

「姿勢態度ができてない人にスキルを教えてもダメ。最初に分かっている人は伸び方が違う」と言う方結構多いのですが、私自身はそこまでは思っていません。人間そんなもんでしょ、私もそうだった、と思ってしまう。もともと筋がいい人ばかりがその道に入る訳でなく、その道の中で見つけていく人も多い、と。
若いころを思い出すと、雑誌で「女の子の口説き方」を読み、真似るのにうまくいかないの繰り返し。男はみんなそんなもの。だから車を買うとか、服を雑誌のに近づけるとか、やってたんじゃないかな?
女性だって、「外見が美しく見える」方法を一生懸命やって、「内面から輝く」は時間がかかるので重視されない。他人に感謝し、全ての人の素晴らしい点を見つける、なんてやってなかったでしょう?
ロジャーズだって、最初は表面的なスキル的に言ってたけど、晩年「態度」に表現を変えた。
技能検定を通してカウンセラーとして何ができないといけないかを教えると、どうしても「スキル」や「知的理解」が中心になる。それをやりつつ「なぜそうなんだろう」「結局何がCLの役に立つのだろう」と考えることで「姿勢態度」も掴める、と思っていたのだけれど「検定」で「それで合格」と言われると考えるのをやめてしまう人もでるのかも?
教える者として、自分にできることで姿勢態度の理解を深めることを小さくてもはじめ、それを拡げる、と思ってやっているのです。

前頁(ブログ並び順だと次の頁)の写真見てみてください。
ペアを組んでCLは相手に倒れ、CCは受け止める、というワークをやっているのですが、倒れる=受け止めてくれる、というのが如何に不安で、少しずつしか進んでいかないか。傾き方ちょっとでしょう?心理的にはあれでもドキドキしている。
何回か受け止めても、やはり上半身だけ後ろに倒して自分で何とかできる範囲にとどめようとする。自分がコントロールできない時間は怖い。この感覚が大事です。
「傾聴」だといって、相手が言っていることを何回か受け止め、感情をちょっと言ったからと言って、自分を委ねて何でも話すなんてまずない。本当の信頼関係ができるまではまだまだ経験が必要です。一歩一歩ゆっくり進んでいく。でも、「受け止めてくれない」という不安を感じれば、信頼が深まるのははるかに時間がかかるので、1回1回を大事に受け止めていかなければ、ということです。

交流会はワイン等のアルコールも出してますので、機会があれば参加してみてください。仲間が増えますよ。
私達の仲間になりませんか?お待ちしています。(田中春秋)
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

ノンバーバル

第2回目の交流会を開催しようと春秋ネットに登録した方に案内を送ったものの、あっという間に1回目の申し込みをはるかに超えてしまい、追加で日程決定するもそこも既に危ない状況。ありがたくも対応が大変そうです(私でなく二宮が対応しています)。
これまで私(田中)が連絡していましたが、担当が二宮に変わり二宮流の対応になっただけで、リピート率が格段に高くなってます。なんで?
ホームページに「私より伝播力のある」と書いたものの、驚きです。
私は「良いものを創る」と創り手の意向が強いのですが、伝える力も大事なのだと改めて痛感しています。

で、1回目は私の大学時代の恩師藤原勝紀先生(精神分析を学ぶ、というゼミに入ってました)の「からだ体験モードで学ぶ」ということやりましたが、2回目はノンバーバルをやります。
実は私は卒論を「嘘はどこでバレるか?」とノンバーバルをベースに書きました。久しぶりに大学時代の本から最近のノンバーバルの本まで読んでいますが、本当に面白い。
次回は感情がどういうノンバーバルとして表出するか、とノンバーバルから本当のクライアントの感情を推測するのをやるつもりですが、声でどう伝わるか、接近的行動・非接近的行動で何が違うか等、改めて感度が違うと受け取る情報量も違うと痛感しています。別の回で声のノンバーバルもやる予定にしました。

ページングのような真似することで関係が良くなることはよく知られていますが、呼吸を合わせるとかも本当は有効です。でもここまではできないか(催眠で有名なミルトン・エリクソンは脈まで分かって活用したらしいので、奥が深い)、とか思いながら、技能検定では絶対に直接出ない(でも実践する上では非常に重要)な内容をどう教えるか、日々検討しています。こういうのを調べたり創るタイミングがとっても楽しい。

他にも服でどう判断しているか、とかあるのですが、これは研修では使いにくいかな?
心理実験で女学生に対し身体距離犯すとどういう反応するか10人の結果の分析出ているけど、こういうのも無理そう。

皆さんと一緒に学べるのを楽しんでいます(春秋)。

posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

タイトルを「福岡」から「浦安」に変更しました

これまでこのブログは
キャリア研修センター福岡
だったのですが、福岡から浦安に転居してもうすぐ1年になろうとしていますので、
キャリア研修センター浦安
と「福岡」から「浦安」に変更しました。

キャリア研修センターとしては、ほとんど変化がないストックの情報をホームページである
「キャリア研修センター」
http://career.on.arena.ne.jp/
に載せ、

フローや細かな情報を、ブログである「キャリア研修センター浦安」
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/
に掲載しています。

また、これまで私田中春秋が全て投稿していましたが、キャリア研修センターの開発・バックオフィス担当として妻の洋子が加わっておりますので、キャリア研修センターのイベントの案内やカウンセラーの必要な情報等は洋子がアップする体制に変えていきます。

不定期で何もアップしない期間が数か月もあるような運用を改め、定期的に情報提供できるようにしたいと思っております。

今後もよろしくお願いします。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする