2020年09月18日

BLOG復活します

皆様
気がつくと「キャリア研修センター」のBLOGを半年以上更新せずに放置してしまっていました。
大変申し訳ありません。
コロナをきっかけに社会が大きく変わり、感じることも多かったのですが、目の前の課題でいっぱいいっぱいで情報提供まで手が回りませんでした。

さて、キャリアコンサルタント・キャリアカウンセラー・キャリア支援者等色々な呼び方がありますが、どういう名称であれコロナの影響は大きかったと思います。
まずは「自分や家族がコロナにかからないためにどうすればよいか」
「クライアントや仕事の関係者がコロナにかからないためにどうすればよいか」
から始まったと思いますが、「収入が減った」「仕事のやり方が変わって対応できない」「周り(仕事・家族)が分かってくれない」「仕事を変わりたい」「失業した」等様々な問題に向き合ったことと思います。

今回はコロナのマイナスではなく、プラス面を書きたいと思います。

私が感じるコロナによる最大のプラス面はオンラインで働く(コミュニケーションする)ことが一般の人にも普及したこと。リモートワークについて10年ぐらい時計の針が進んだ気がします。
これにより何が変わるか?
クライアント側からすると
➀介護と仕事の両立、子供と家庭の両立等の両立するための戦略として現実カウンセラ性が高くなった
A人生100年時代の「住む場所」の選択肢が拡がった
B場所や時間に制約されないサービスが拡がった

キャリアコンサルタント(キャリア支援者)側からすると
ⓐオンラインでの相談が可能になり、移動時間が不要になった
ⓑ都会だけでなく、地方や移動しずらい人の支援が可能になった
c上記➀AB同様、キャリアコンサルタント自身の両立が容易になった

オンラインで支援できるかどうかは、キャリアコンサルタント自身の人生設計の上では重要なストラテジーになってきます。
対面の方がノンバーバル情報の把握しやすさ等望ましい面も多いのですが、ZOOMでの研修等をやっていて、
多くの機能はオンラインでも実現できると実感しています。

皆さんの実感はどうでしょうか?
ご意見頂けると幸いです。




posted by キャリア研修センターBLOG by田中春秋 at 15:16| Comment(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

年末のご挨拶

皆さま
気がつくともう12月で今年も終わり。日々忙しいばかりで今年も終わります。
調子が悪かったパソコンが壊れ、windows 7で修理もデータ復旧もしてもらえず、ホームページの改訂もできなければ、メールの同報も出来ず、この年末の休みにせめてホームページぐらいは修正できるようにしたいと思っています。
今は年賀状データどこまで救出できるかやってます。古いものしか無かったので失礼してしまいそうです。
今年はキャリアコンサルティング協議会で問題解決以降のDVDを出したのですが、その告知もできないままでした。ブログに書けば良かったですね。
旧年中は大変お世話になりました。
では皆さん良い年を。
田中春秋


posted by キャリア研修センターBLOG by田中春秋 at 14:51| Comment(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

新年のご挨拶

新年おめでとうございます。
今年は初夢ネタ(実話)から始めてみたいと思います。

今年の初夢、未来(数十年後)のキャリア支援でした。
「対話式AI対応キャリアサポートサービス」というのが始まっていた。
人間ではなく、自分が選んだキャラクターが対応していて、私は私ではなくもっと若い女性?で、
「私は気ままだから猫モデルがいいかな」と猫を擬人化したキャラクターを選んでいた(今の私ストレートなら犬を選んだはずなので何故猫だったのか不思議です)。

その猫に思うことを自由に話していると、それが画面(タブレットかなと思ったけど、投影型かもしれない)に勝手に文字になっていき、しかも「気持ち」の部分に色がついている。
その色の部分を見て「あー私ってこんなに思ってたんだ」と改めて実感してた。
そして猫が「こんなことをこんなに感じてるんですね」と色付きの文字をまとめて言葉で返してくれる(傾聴)。
コンピューターが相手だと分かっているし、猫は自分御心の分身みたいに感じているから全然違和感なくストンと納得いく。
言ったことから類推できる気持ちなんだけど、心地よい。
ついつい「本当はこう感じてて」と素直にもっと深い本音を話してしまう。

画面に問題がいくつもビジュアルで浮かび、「これは枝葉だからいらない」「これは大事」と指でピィとはじきながら検討が必要なモノとそうでないものをより分けていく。

ポン、と指で押すと、「代表的な解決策はこういうものです」というガイドが出たり、「これは私(AI)では難しいので専門家(人間)対応になりますがアクセスします?」などと専門家に繋ぐツールにもなっている。
どんな仕事、みたいなものは、「あなたの志向やスキルに合った求人は今こういうものがあります」「現在は求人はないですが過去そのタイプの求人はこのくらいありました」と過去ログからも今後出てきそうかどうか推測する材料まで提供してくれる。

自分が話した問題だけでなく、AIが勝手に「こういうことが原因で困っている可能性がありますが、それは検討しますか」と提案してきて、「ああ、そうかもしれないなー。コンピュータが言うなら考えてみても良いかも」と思っていたら目が覚めました。

続きを読む
posted by キャリア研修センターBLOG by田中春秋 at 22:47| Comment(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ホームページ障害中です

もっと早くブログに書いておけば良かった、と今沖縄から帰る飛行機で時間がポッカリ空いて気がつきました。
パソコンがクラッシュした関係で、キャリア研修センターのホームページ、ここ1-2ヶ月パソコンから操作できずにいます。
既に終了した研修もそのままになっているし、少人数指導についても方針広報出来ずにいます。
1)ホームページ私に時間のゆとりと技術的スキルなく苦戦中。まだしばらく復旧まで時間かかりそうです。少人数の個別指導指導については1期生に2期生募集に向けた感想まで書いてもらったのに申し訳ない。パソコンスキルの高い人を早く巻き込まねば、と反省しています。
2)少人数の個別指導について、今アメリアの大学院でカウンセリングをどう教えているかを現在学んでいる洋子に教えてもらい、もっと効果を上げる学習プログラムに出来ないか検討中。
これも当面物理的心理的ゆとりが無いので、お正月にじっくり考え、応募選考を来年上期に行い、実際の指導は来年7月以降ぐらいのタイムスケジュール感覚で考えています(気が変わるかも知れないけど)。1年半ぐらい期間をかけるのは同じ。興味がある方はのんびりお待ちください。
ご迷惑をおかけします。
まずはホームページ復旧に努力します。
キャリア研修センター 田中春秋
posted by キャリア研修センターBLOG by田中春秋 at 22:29| Comment(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

閃いたこと

先日キャリアカウンセリング協会のトレーナー勉強会(毎月講師は定期的に学習し、欠席した人はビデオで見れるようになっている)で、「これまではカウンセリングについて学習中心であったものを更に学習内容を追加し拡充することや先輩講師の技術伝承を強化する」という方針発表があった翌朝未明、「あ、そうか」と閃くことがありました。

私はカウンセリングを「共同作業」として説明しています。でも一方で、本当に共同でないとダメなの?と言えば、ゲシュタルト療法のパールズなどは共同でなくクライアントの自己理解が進めばよいと考えているように感じています。
気になっていたのは「(カウンセラー関係なく)クライアントが解決」でもよいのか、「共同作業として一緒に解決」なのか。

振り返ってみると、技術伝承で先輩のトレーナーに「ぜひこういう面を後進に伝えてほしい」という話をしていたから。シナプスが夜に無意識につながったのだと思います。

閃いたことは「いくら個人でできたと言ってもそれは頭打ち。自分の経験知識感性だけでなく他者のものも取り込めた方がより良いものができる」ということ。
だから(ここからが本題です)
「自分で解決」は解決できないよりマシだけれど、もっとよい解決策がある。
「カウンセラーと共同作業で解決」も独りでやるよりはマシかもしれないけれどそのカウンセラーがベストである可能性は現実には高くない。
「カウンセラーとの共同作業を体験することを通して、他者を巻き込みよりよい解決ができる人間になること」が大事なんだ。共同作業でやったと言ってもカウンセラーがクライアントを一方的におんぶにだっこしてあげたのたのではクライアントは他の人を巻き込める力がつかない。

少なくとも「解決」のプロセスはきっとそうなのだろうなと自分で整理できました。
posted by キャリア研修センターBLOG by田中春秋 at 13:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする