2005年11月23日

キャリアカウンセリングを振り返るフレーム

今、厚生労働省からのご指名で、キャリアコンサルタントスーパーヴィジョンの試行実施をやってます。各団体からスーパーヴァイザーを出して、団体関係なしのキャリアコンサルタントに対し、1回限定のスーパーヴァイズをやる、という企画です。
本当は私のスーパーヴィジョンをお願いしている内田先生を、と厚生労働省にお願いしたのですが、内田先生は先生過ぎる(今回の結果を学識者が評価するので、若手の方がよい)とのことで、私がやることになりました。
やはり人間、機会があることで考えるものです。
1回限定で、しかも使っている言葉も違うし、知っている理論も違う、ということで、スーパーヴィジョンをやる為に、面談を振り返る観点を整理しました。
作ってみると、「けっこう役に立つ」という実感と、一方でGCDFホルダーにもスーパーヴァイズを受ける為にはまだ基本事項で教えてない部分ある、という反省と両方を感じています。

シートをファイルに入れたのですが、うまく見れるのかどうか(未だこのBLOGの使い方が分かっていない)。

面談を振り返るシート

うまく見れたら参考にしてください。
使ってみた意見をお待ちしています。


posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:必要な能力・知識・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。