2007年09月16日

労働情報としてのo-netの活用

昨日はキャリアマトリックスを紹介したので、その保管として
アメリカのo-netを紹介します。
ある意味キャリアマトリクスは日本版o-netなのですが、まだ給与等アメリカに比べて情報が少ない部分があります。
クライアントに直接使わせるのでなく、カウンセラーが、自分がどういう仕事を紹介するのか、どういう候補があるかの「あたりをつける」為には非常に有効です。
昔は英語でしか見れない、とか、翻訳ソフトをみないと、とあったのですが、今は検索エンジンで翻訳してくれるので楽々イメージを捕らえることができます。
googleよりもyahooの方が深いページまで日本語に翻訳してくれるの、yahooで
o*net online
で、検索して、日本語訳で見てみてください。

例えば、Educational, Vocational, and School Counselors
だと、平均年収(4.64万ドル)、労働者数(24.8万人)、成長10-20%
というのが分かります。
必要な能力や、近い職業とかも、

参考のリンクはここです。

直接のコピーは続き、に入れておきます。

21-1012.00 - Educational, Vocational, and School Counselors
21-1012.00 - 教育的で、職業で、学校カウンセラー

Median wages (2005)
中央賃金(2005) $22.33 hourly, $46,440 annual
1時間ごとに22.33ドル、46,440ドルの年鑑
Employment (2004)
仕事(2004) 248,000 employees
248,000人の従業員
Projected growth (2004-2014)
計画された成長(2004〜2014) Average (10-20%)
平均(10-20%)
Projected need (2004-2014)
計画された必要(2004〜2014) 94,000 additional employees
さらに94,000人の従業員
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:ツール・プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック