2021年06月10日

ケース記録の書き方

<ケース記録を何故書くのか、どう書くのか>
1)なぜ記録を書くのか?(基本はクライアントへの支援の質を上げるためです。記録も書かず、思い出すだけで面接を継続することをイメージすると良く分かります。複数のクライアント、期間がかかる面接をイメージすれば、記録がない無謀さは分かるでしょう?)
➀記録により直接面接の質を上げるため
・クライアントの状況・変化を検討し、今後の方針検討の質向上(今後の面接の質向上)
・複数回長期等のケースの場合、面接の全体像(変化等)を把握し、一連の面接の質を上げるため
A支援者の能力を高めることで支援の質を上げるため
・面接中の事実(発言等)や自分の行為や意図の振り返りを通して自己評価し、支援の質を上げる(自分の支援力向上)
・スーパービジョンやコンサルテーション等他の専門家に相談するときに正しく内容を伝え不足部分を高めるため
B組織として支援の質を担保するため
・組織として、支援担当者に何か(退職・移動・入院・休暇等)があってもクライアントへの最低限の支援の質を担保できるようにするため
・メンバー1人の問題ではなく、組織として支援内容に責任をとるために内容を把握している必要性
*単に自分自身の備忘録ではなく、AB等他者が見ることも前提です。さらに言えば、記録はクライアントが読む可能性があることを忘れてはいけません。

2)何を書くのか
・B組織として必要な記録と考えると、クライアント(相談)に関する情報や支援者が行ったことについて最低限必要と思われることは他者に誤解されないように必ず記録する。
・Aを考えると、支援の質を上げる上で重要なことは書いておくことが望ましい(➀も同)。(例えばキャリアの技能検定では「クライアントが訴えた問題」「キャリアコンサルタントとして捉えた問題」「目標とその方策(具体的に)」を質問されます。このポイントが質を上げるために重要と考えているということ。だとすると、面接を根拠を持って自己評価するためには、その項目の根拠になるクライアントの発言、方策を提示した自分の発言と、その発言の対するクライアントの返答が重要な事実になります)

3)どう書くのか
・事実(状況、実際の発言等)と、キャリコンサルタントの考え(意見)とは明確に区別して書く(可能であれば欄を分ける)
・特に事実部分は開示請求があればクライアントが読むことも意識して書く
・面接中の時間の経過に沿って書く(理想は他者が面接の流れが明確に分かること)    以上
(更に詳しく学びたい方は「産業カウンセリングハンドブック」(金子書房)P316-321 カウンセリング面接記録の書き方等が役立ちます)
posted by キャリア研修センターBLOG by田中春秋 at 20:17| Comment(0) | キャリアカウンセラー:必要な能力・知識・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント