2020年09月18日

BLOG復活します

皆様
気がつくと「キャリア研修センター」のBLOGを半年以上更新せずに放置してしまっていました。
大変申し訳ありません。
コロナをきっかけに社会が大きく変わり、感じることも多かったのですが、目の前の課題でいっぱいいっぱいで情報提供まで手が回りませんでした。

さて、キャリアコンサルタント・キャリアカウンセラー・キャリア支援者等色々な呼び方がありますが、どういう名称であれコロナの影響は大きかったと思います。
まずは「自分や家族がコロナにかからないためにどうすればよいか」
「クライアントや仕事の関係者がコロナにかからないためにどうすればよいか」
から始まったと思いますが、「収入が減った」「仕事のやり方が変わって対応できない」「周り(仕事・家族)が分かってくれない」「仕事を変わりたい」「失業した」等様々な問題に向き合ったことと思います。

今回はコロナのマイナスではなく、プラス面を書きたいと思います。

私が感じるコロナによる最大のプラス面はオンラインで働く(コミュニケーションする)ことが一般の人にも普及したこと。リモートワークについて10年ぐらい時計の針が進んだ気がします。
これにより何が変わるか?
クライアント側からすると
➀介護と仕事の両立、子供と家庭の両立等の両立するための戦略として現実カウンセラ性が高くなった
A人生100年時代の「住む場所」の選択肢が拡がった
B場所や時間に制約されないサービスが拡がった

キャリアコンサルタント(キャリア支援者)側からすると
ⓐオンラインでの相談が可能になり、移動時間が不要になった
ⓑ都会だけでなく、地方や移動しずらい人の支援が可能になった
c上記➀AB同様、キャリアコンサルタント自身の両立が容易になった

オンラインで支援できるかどうかは、キャリアコンサルタント自身の人生設計の上では重要なストラテジーになってきます。
対面の方がノンバーバル情報の把握しやすさ等望ましい面も多いのですが、ZOOMでの研修等をやっていて、
多くの機能はオンラインでも実現できると実感しています。

皆さんの実感はどうでしょうか?
ご意見頂けると幸いです。




posted by キャリア研修センターBLOG by田中春秋 at 15:16| Comment(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。