2018年07月30日

企業とのカウンセラー契約

企業とのカウンセラー契約をどう結べばよいのか質問があったのでコメントします。

普通は契約先会社が契約書を作って、自分の会社に一切リスクなく使いやすい用に契約を作るので、カウンセラーとしてはちゃんと項目のリスクを考えて交渉しないといけません。
何かあった時の損害は全て受託者、というような契約を法務は作りたがるので、特に大企業と契約するときは注意です。

契約する上での主要な検討項目は
1)カウンセリングは1面談単位?1日単位?
1面談単位にした方が企業は楽なのだけど、カウンセラーとしては1面談の為に呼び出されてその日他の仕事が出来ず数千円では生活できません。
面談単位なら1期最低3面談とか、条件付けた方が良いと思います。
契約条項なくても相手がこちらを考えてセッティングしてくれるならそれでもよいですが、担当変わると苦労します。
2)単価レベルをどう置くか?
価値ベースと代替えコストベースとマーケット価格ベースがあります。
価値ベース。
面談をすることでどれだけ社員が成長しどれだけリスクが減るのか。会社への提言レベルも含めて価格が変動します。
価値がないなら0円だし、大化けするなら10万円でもよい。
自分の価値が高いと証明できるなら強気の交渉できますが、関係構築しかできないや、表面的問題への対処しかやっていない人の価値は安いです。このロジックでの交渉は熟練レベル以上。
代替えコストベース
契約する会社の正社員の平均賃金は年いくらぐらいですか?
会社は間接経費人件費他でその1.5-2倍ぐらいコストがかかっています。
受託者がカウンセリングしない場合に正社員が実施するとしたらその人件費が発生するわけです。
中小企業なら例えば600万の正社員が面接すれば、200日労働と仮定すると3万/日ー4.5万/日の人件費他経費を投下している訳です。
(大企業の1200万円の社員なら6-9万円/日になります)
しかも正社員にそういう業務をさせる場合、先にカウンセリングの学習に活かせ資格を取る、という時間とコストがかかる訳です。
間接コストまで比較に入れることができる社員は相当優秀な人なので、間接費なしでの代替えコストの方が説明しやすいかもしれません。
マーケット価格ベース
国だと最も安く入札した価格。資格は持っていて仕事がない人が「いくらでもよいから」と言うケースもあるので1面談数千円でアリバイの為の面接はと取引されています。
本質的にマーケット価格は質が良いものは高く、安いのはクオリティ今一歩なのですが、「質」を評価できる企業はあまり多くありません。
企業が判断できるのは「これまでどういう企業でカウンセリングの実績あるのか」が「資格レベル」です。
それさえも分からない会社は、質は関係なく価格が安いところを選ぼうとしますので、成果を出して「他はどうなの?」というスタンスをとるか、安い会社が攻めてきたとき値段を下げるのか付き合うのを辞めるのか腹決めが必要です。

スキルや実績が十分な人は価値ベースでの価格交渉、ビギナーは代替え価値ベースでの交渉が良いのではと思います。
3)面談価格をどう考えるか
2)の1日いくらをベースにして、最大何面談できると置くかが面談コストの基本になります。
1日5万円と置いて、8時間で平均何人面談できると考えるか?
1時間面談、ケース記録等書いて5面談がクオリティ考えると上限ならば、1万円/面談。
1面談とか2面談での発注があるなら、分割損を考えて面談単価を高めに設定します。
4)交通費旅費出張費をどうするか?
受託者からすると全額企業負担。委託者からすると全額受託者負担が望ましい。
少なくとも遠距離の場合は企業負の項目は入れた方が良いのですが、都内の場合は力関係で決まります。
ただ、1面談で依頼があり、交通費も込みと言われると、カウンセラーの時給は1面談の依頼だと最低点銀如何になるケースもあります。
交通費実費にすれば企業としては面接まとめた方が有利になります。
ここは交渉の仕方次第。
5)基本契約料をどうするか?
単位面談をする以外にどれだけの業務を引き受けているかがこの価格になります。
面談結果を経営への提言に加工して提出するならば別途料金発生しておかしくありません。
面談ではなくメールでのフォロー等も発生するなら、面談量を高めに設定するか、その分まで含めて基本契約に含めます。
上司グループから、メンバー支援で困った場合にメールで相談できる、とかするなら、そこも固定費を加えた方が良いでしょう。

上記を参考に契約条件を考えてもらうのと良いのではと思います。
機密保持条項は企業相手だとほぼ入りますので、そこは覚悟していてください。

では頑張って下さい。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:02| Comment(0) | よくある質問への回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。