2015年12月31日

企業内でのキャリア支援

キャリアコンサルタント国家資格化の背景には国力向上のために一人一人を成長させる仕組みとしてキャリアコンサルタントを企業内に拡げる(今後5万人から10万人に増やす大半を企業でのキャリアコンサルタントとして政策が作られている)計画があります。
企業で成果を出すには、もっとどうすれば社員の能力伸びるか知っていて欲しい。
以下は4回連載で雇用問題研究会の「職業研究」に書いた内容です。


他にもリクルートマネジメントソリューションズのRMSメッセージにも企業内でのキャリア支援書いてます。
http://www.recruit-ms.co.jp/research/journal/pdf/j201402/m34_all.pdf

キャリアコンサルタントの国家資格でも、技能検定2級や1級でも企業内に支援の知識は不足しています。
花田光世先生や高橋俊介先生のメッセージ等しっかり学んでいく必要があります。


企業内の支援を考えると、マネジャーは短期の業績にコミットせざるを得ず、できるマネジャーだけ長期の視点で人材育成していたのですが、その育成機能をサポートする役目がキャリアコンサルタントに期待されている。
しかし、もうひとつの方向は、全マネジャーに育成機能を持たせる。出来ないマネジャーは降格。
そんなことは無いだろうと思ってましたが、思いもよらずアメリカからそういう流れが来るかもしれません。マネジャー受難の時です。

この件はいつかもう少しコメントしたいです。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:必要な能力・知識・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック