2015年09月27日

感想の箱

大阪問題・指導研修、福岡体感・指導研修への御参加、沢山の御申込み、本当に、ありがとうございました。
お申し込みがあまりにも多く、ご参加いただけなかった方々には本当に申し訳なく。
スケジュールが許せばもう1日でも増やしたかったのですが、田中の過労具合でそうもいかず、かと言って1度に入れる人数をむやみに増やし、皆様の実りある時間、学びの質に影響が出ることも提供者としては本意ではない為、やむを得ない決断であったこと何卒ご了承くださいませ。
研修日程直前になって、キャンセル待ちの方に入れる連絡、「もう、諦めてしまって違う予定を入れてしまった」と、残念なお声を聴くこともしばしば。
ここで、皆様に勝手ながらお願いが。
どうぞ、御自身だけではない、学びの場を待つ仲間への配慮の為、出来るだけ早めにキャンセルの場合お知らせいただきたい事。
そしてそれに伴い、キャンセル待ちの方々に、突然の仕事や体調不良でやむを得ずキャンセルがあり、急遽連絡が入ることもどうぞお含み置きください。遠方からの方々には、こちらからも現在何人目のキャンセル待ちであるのか、お知らせするように致しますので、交通機関やホテルの予約、又はキャンセルにお役立てくださいませ。

さて、この場をお借りしまして、大阪研修では会場手配から様々なお手伝いをいただきました方々に、深く感謝申し上げます。
大阪では、問題把握の学びが今までとは少し趣向を変えた方式で行われたこともあり、大変皆さまCC、CL視点の共有が明確で気づきが多かったとのお声や、感動されたご様子をお知らせいただきました。

大阪指導、福岡指導では、ご参加された方々の志の高さ(1級技能士を取る為の学びに留まることなく、既に取得している方々が自らの研鑽の為高めていらっしゃるご様子)をも感じ取ることができ、周りの方々にダイレクトにその姿勢や(何のために学び続けるのか、目の前の相談者に自分のすべてで役に立ちたい)想い
が伝わったようでした。
福岡体感、そして交流会では、「ノンバーバルの重要性」や正に「体感」することで、皆様から「楽しすぎた」「何でしょう、この感覚」「ポカポカ暖かい気持ちが湧いて出てくる」「信頼感とはこういった感じなのか」「受け入れられた感覚を知った」等々、異体相即、きりのないほどのあまりに大切な心からのお声をいただくことができました。
「志」を語り合いながら、「あぁ、自分はこんな志をかつて持っていたのに・・」日々の喧騒の中で埋もれてしまっていた大事なものに改めて気づかれたり、周りの志に刺激され自らの輝きに気づかされたりと、様々な深い心に触れ、温かく穏やかで、和やかな気が包み込んだ素晴らしい空間、時間でした。

お声の中にもあったように、「疲れたカウンセラーがエネルギーを取り戻せる場」も非常に大事だと思います。
「自分も周りも幸せになれるように」「I'm OK. YOU're OK.」
国際キャリア学会での「Calling」やトランスパーソナル心理学でもあるように、共通した高次元との繋がりや、今ここの、その先に待つ何かに出会う為、心地良いエネルギーを共に感じ、今ここの一歩を踏み出せるよう、そのお手伝いを皆で出来ますよう。又、その一助となれますよう引き続き頑張って参ります。

関東近郊の皆様、我が家での勉強会、さすがにお尻に火がついております。
何とか年が明ける前にはお招き致したいと思っておりますので、もう少々お待ちくださいませ。

皆様の忌憚なきご意見、ご感想、ご要望をお待ち致しております。
色々と気づかれたこと、参加されて後日湧き上がってきた感想など、何でもお聴かせくださいませ。
infocareertraining@gmail.com
皆様に感謝を込めて(洋子)
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(洋子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック