2015年09月25日

IAEVG筑波大会

筑波でのIAEVGに行ってきました。
キャリア系の学会は、アメリカのNCDAが有名ですが、IAEVGはヨーロッパ系で政府関係機関が入っている比率が高い学会。日本では「国際キャリア教育学会」として、学校関係の方が多いようですが、V=vocationalが名前にあるように、教育と職業の学会です。

私の今回の最大の目当ては、朝1にあった「キャリア発達での「コーリング」、霊性、宗教」のブライアン、ディック博士の講演。日本ではけっこうスピリチュアリティは色物と見られていますが、海外のカウンセラーでは実存的アプローチだけでなく「スピリチュアル」のことも真面目に議論されています。コーリング=どこかからよばれている感覚(通訳は天職と翻訳してましたが、ちょっと語感が違う感じ)がテーマです。

コーリングの定義が曖昧だったのは残念ですが、仕事に対する態度が大きく、「仕事」(給与重視)「キャリア」(個人の目標達成。イメージや名誉大切)「コーリング」(自分の能力を活かし、周りの人に貢献することに意味)の3つに分かれ、コーリングの人たちが最も満足度が高く、期待・エネルギー・ワクワク度を含む元気度も高い。
コーリングの特徴として「利他主義」「先導される力」「意味と目的」がありそうだ、と。

その日の夜のセッションが「希望としてのキャリア教育、東の本大震災・被災三県における実践から」という、震災後岩手県、宮城県、福島県でのキャリア教育の実践報告。
この話と、朝一の「コーリング」とが実に繋がって聞こえました。
震災の子供たちは「自分たちを助けてもらう」ではなく、「自分たちが周りに何ができるか」を考え、教育者はそれを支援していった。
宮城県は「志」と、自分のよりよい人生の為だけでなく(社会や他者のために自分ができることを)、という「利他」の概念を大きく打ち出し、子供たちがそれを率先して実行していた。

話の内容は、従来のキャリア教育が、個人の目標達成のキャリア教育だったのに対し、震災後のキャリア教育は「コーリング」の特徴で言われていた「利他主義」「先導される力」「意味と目的」の実践編のオンパレードでした。
「志」「利他」「自分だけでなく社会や周りのためにできる事」この重要性を深く学ぶことができました。
しかし、朝一も夜のも、内容が良いのに聴講者が少ない。
とてももったいない。
特に震災から学ぶセッションは同じ時間に「和食体験」が入っていて、海外の研究者がほとんど参加されていなかった。残念。

個人的には、会場について最初にバッタリと関西大学の川ア友嗣先生と話ができ、朝の講演の後バッタリと木村周先生とお会いできたので、とても人に恵まれた学会でした。

後日知っている方々が発表されていたことを聞き、「もっと内容分かれば発表聞きに行ったのに」と残念に思いました。

震災の話はビデオか何かにとって広く視聴できるとよいのですが、そんな風にはなってないでしょうね。
雑誌等で記録は読むこともできると思いますが、震災を乗り越えた方々の生だから伝わる迫力がありました。
行ってよかったです。
しかし、朝一も夜のも、内容が良いのに聴講者が少ない。
とてももったいない。
特に震災から学ぶセッションは同じ時間に「和食体験」が入っていて、海外の研究者がほとんど参加されていなかった。残念。

行ってよかったです。しかし、朝一も夜のも、内容が良いのに聴講者が少ない。
とてももったいない。
特に震災から学ぶセッションは同じ時間に「和食体験」が入っていて、海外の研究者がほとんど参加されていなかった。残念。

個人的には、会場について最初にバッタリと関西大学の川ア友嗣先生と話ができ、朝の講演の後バッタリと木村周先生とお会いできたので、とても人に恵まれた学会でした。

後日知っている方々が発表されていたことを聞き、「もっと内容分かれば発表聞きに行ったのに」と残念に思いました。

震災の話はビデオか何かにとって広く視聴できるとよいのですが、そんな風にはなってないでしょうね。
雑誌等で記録は読むこともできると思いますが、震災を乗り越えた方々の生だから伝わる迫力がありました。
行ってよかったです。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:必要な能力・知識・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スピリチュアティが

キャリア理論に登場し
(ハンセン、統合的人生設計あたりから)

日本にはとてもなじまない

誤解される(占いやインチキ霊媒師?)

説明できない領域に

突入した気がしていました。


私なりの解釈では

『コーリング』は

使命感、天命という訳が浮かんできます。
(天命もとても怪しい感じがしますが)


約束のない未来へ向かって、

より困難な選択をするとき、

そこにあるのは

「利他主義」「社会貢献」

ではないでしょうか?

「自分にはそんな力がないとか、

もうできない」とか逃げたくなる時

挑戦しても挑戦しても、

「不合格、不採用、不認可が続いて、

何も変わらず、

むしろ悪化しているのではないか」

と苦悩する時

それでもそれでも挑戦を続ける…

うまく言葉で説明できないけれど

どんなに否定されようと

何度も失敗しようと

それでもそれでも挑戦をし続ける…

きっと誰かの役に立てる

誰かを喜ばせることができる

その未来のイメージが浮かんでくる

その感覚は「使命感、天命」

に近い気がします。

天命という言葉には

また説明が必要ですが。。。






Posted by 天からリン♪ at 2015年09月27日 16:42
天からリン さま
投稿ありがとうございます。
講師のブライアン、ディック博士も似たこと話されてました。
他のトランスパーソナルの先生も、天から命じられて寝ないで本まとめた話とかされます。
辛い側面もあるけど、満足度高い人も多い。自分が活かされているかが影響するのか?
投稿ありがとうございました。
Posted by 田中春秋 at 2015年09月27日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック