2015年03月15日

ノンバーバル

昨日はノンバーバルの勉強会+交流会をしました。
浦安での交流会は2回目です。

ノンバーバルを学ぶと何が良いのか?
皆さんどう思いますか?
自分の為、クライアントの為、何がどう役に立つのか、一度じっくり考えてみてください。

ノンバーバルのワークとしては、面談の最後に「ありがとうございます」という時に、言葉では「ありがとう」と言っているけれど、どういうメッセージがノンバーバルに入っているか。
嫌だったからそこ、明るく言ったりもするみたいです。

基本感情の学習と、表現。
けっこう意識して表現してくれると何の感情か分かる。

しかし、感情があるシーンを想起してもらい、具体的にどういう変化があったかを観察し、どういう感情か推測すると、結構難しい。

大くくりに言うと、女性の方が男性よりも圧倒的にノンバーバルの感度高い気がしました。
男性で敏感な人は少ない。
どうも社会的に、女社会はノンバーバルを読めないと生きていきにくいようです。
私も勉強になりました。

今回学習したのは、どういう行為を観察したか、クライアントはどういうシーンを想起していたか、そのつながりは、という基礎データの蓄積です。
回数やらないとうまくならないなー。5グループに分かれてやりましたが、全グループビデオにとって、じっくり分析してみたいぐらい。

交流会の方は、今回全員に二宮起案「志を語ってもらう」ということから開始しました。
「そこもとの志は何ぞや?」
根っこを知るのは相手を知るうえで重要ですね。
私は志と言うほど大層なものではなく、虐げられた過去からの自然の願望、程度で申し訳なく感じました。

ワインに焼酎に差し入れのウオッカ。
ジャスミンティーやアイスティ、定番の三ツ矢サイダー等飲みながらつまみを食べながら、お互いに新しいネットワークを広げていく。こういう場を提供できてることを嬉しく思います。

第2回目もとてもいい会でした。
参加されたカウンセラーの皆様のおかげです。
私もやってみるまで気付かなかったのですが、モデルの人が想起したシーンをノンバーバルを手がかりに皆に感情を言ってもらうと、言われたモデルの人は「分かってもらえた」「すっきりした」と結構言ってました。
モデルの席を「お勧め」という受講生も。
バーバル以上に深く自分を分かってもらった、と感じているように感じました。
そうなのか!

ノンバーバルは今回感情と表情姿勢をベースにやりましたが、「嘘をつくとどうなるか」「声にどう出るか」等も今後やっていきたいと思います。

参加された方ありがとうございました。
まだの方も機会があれば参加してみてください。

追伸:
参加してマシュマロ持って帰った女性の方(ホワイトデーですから)。
包み紙読みましたか?
Happiness resonates.
resonateは「共鳴」という意味です。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:必要な能力・知識・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック