2014年12月31日

新年の抱負

今年も今日で終わり。
仕事の面でも福岡から東京に戻り、公私ともに波瀾万丈な1年でした。
別れと出会い。社会への価値を増やすことで、良い決断だったことを証明したいと思っています。
今どういう問題意識を持っており、今後キャリア研修センターでどういうことをやっていきたいか、新年の抱負として書いておきたいと思います。

<問題意識>
技能検定ができたことで、カウンセリングとは関係構築をすることではなく、関係構築は入口でありクライアントに価値提供するにはまだステップがある事が全体の認識になったことは非常に意味があったと思っています。
しかし、資格を取ることでそれで終わりと思っている人が多いし、研修も(結局検定対策ばかりが売れるので)それ以外のものが成立しなくなっている。
組織として考えると、職員を食べさせるためにも売れる商品にシフトせざるを得ないけれど、本当にそれでいいのか?
例えば、技能検定2級で言えば、20分1回の面でしかなく、その間キツイことを言わずに無難に関係性を維持し、解決のプロセスの1歩目を口頭試問で言えれば合格になる。
しかし、1歩目が言えても、本当にクライアントにとって価値が大きい支援ができるまでにはまだまだ学ぶことがある。
(本当の意味での解決策や、CC視点の問題=ケースを概念化しどう関わるかは十分測れていない)
1級でも同様。現在の課題を共有し、育成的目標を共有できれば合格できるが、実際にそのスキルや態度を育ていることができるかはまだまだ弱い。
つまり、@検定に合格したから終わりではなく、検定以上に実行力を高める学習がもっと必要だと感じている。
もうひとつが表面的な学習で終わっている事。
「関係構築」にしても、関係とは何なのか、どういう状態が関係が出来ているのか十分わかっていない。定義の言葉は分かっていても、頭で分かっているレベル。なので、分かったことを言い返した、感情を言い返した、というレベルで「できた」と判断する。
誰からか「本当に分かってもらえた」という実感が出来れば分かるのだろうが、そこまでの体験ができているカウンセラーは少ない。
つまりA知的学習に偏り、体感が少ない。
今国の方針ではキャリアコンサルタント10万人構造が進んでおり、その中の6万人以上が企業内キャリアカウンセラーの計画になっている。
しかし(企業の実態を知っている私から言うと)企業にニーズに応えることができるカウンセラーはごく一握り。
個人が辞めたいと訴えるから「はいはい」と支援するカウンセラーに給与を払いたい会社などないし、かといって、辞めると損だからと成果もあげずに会社にしがみつくことを支援するカウンセラーなど損害賠償欲しいくらい。メンタル発病が減るならともかく、気持ちに寄り添ってガス抜きする程度のサービスに価値など感じない。自社の社員を成長させることができるカウンセラー、面談に行くことで仕事へのかかわりが前向きになるようなカウンセラーは欲しいけど、もっと欲しいのはそれを上司が実行できるようにしてくれる専門家。
キャリアカウンセラーが成長しなければ、企業内カウンセラー6万人など絵に描いた餅。
つまりB企業で支援できるだけのノウハウを共有できる仕組みがない。
最後に、これは以前からの問題意識だけれど、C学習が東京に集中しており、地方で深い学習する機会が少ない事。
まとめると
@ 検定以上に実行力を高める学習がもっと必要
A 知的学習に偏り、体感が少ない
B 企業で支援できるだけのノウハウを共有できる仕組みがない
C 学習が東京に集中しており、地方で深い学習する機会が少ない

<実施したい事>
@ 塾的な少人数での深い内容を実施。
技能検定に合格するのがゴールではなく、クライアントへの価値をもっと大きくできることがゴール。10万人もキャリアカウンセラーいるのであれば、その中の上位10%(本当は上位2-3%ぐらいを目指したいのですが)程度を目指すイメージです。
A 体感できるプログラム実施。
私の大学時代の先生である藤原勝紀先生も同様の想いで「からだ体験モードで学ぶ」という指導をされてらっしゃいました。先生から学んで30年以上たって、やっと私も同じ問題意識に至ったということ。私が藤原先生から学んだ内容を少しでも伝えることができれば、と思っています。
定期的に行う「交流会」でワークを少しずつみなと体験していきたいと思います。
ビデオ等も使い、ノンバーバル等もプログラムに入れていくつもりです。
B 企業でやれるカウンセラー育成は今後開発です。
尚、企業内個人に向けた支援プログラムのフィジビリティも2015年開始するつもりです。
C これは地方都市での研修を少しずつ増やしていきたいと思っています。
  ある程度人数集めてもらえば、少しずつ実施していきたいと思っています。

どれだけできるか分かりませんが、少しずつ進んでいくつもりです。
2015年も、ご協力よろしくお願いします。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 15:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春秋教室の皆様へ

 新年 あけましておめでとうございます。
春秋先生の <実施したいこと> 大賛成です。
年明けるとすぐに67歳になりますが生涯現役を
目指して頑張っていきたいと考えています。
今年もよろしくお願いいたします。
Posted by 鹿嶋iアントラーズ 山本 at 2015年01月01日 12:56
山本さま

投稿ありがとうございます。
私も見習って、生涯現役を。いや、その前に67でも元気に働けることを目指します。

ありがとうございました。
Posted by 田中春秋 at 2015年01月01日 13:04
新年、明けましておめでとうございます。

2015年度に向けた「問題意識」の発信を
いただき、ありがとうございます。

キャリアコンサルタント5万人計画から10年
以上が経過し、いろいろと考えさせられます。

「からだ体験モードで学ぶ」、とても大切だと
実感しています。

私も生涯現役を目指して、スキルをあげていけ
るよう精進いたします。

今年もよろしくお願いいたします。
Posted by akihappy at 2015年01月01日 17:57
akihappyさま

投稿ありがとうございます。
体験する大切さ、体感していない弱さを感じます。
言葉だけでは足りない。

今後も宜しくお願いします。
Posted by 田中春秋 at 2015年01月02日 09:40
あけましておめでとうございます。
春秋先生の年初のお志に励まされる思いです。今年も大学キャリア支援に、キャリアコンサルティング1級を目指すだけではなく、本当に必要とされる能力向上を目指して頑張ります。
本年も何卒ご教示を賜わります機会に恵まれます様、よろしくお願い申し上げます。
Posted by 後藤みゆき at 2015年01月02日 17:35
後藤さま

投稿ありがとうございます。
志高い方と一緒に頑張りたいと思ってます。
これからも宜しくお願いします。
Posted by 田中春秋 at 2015年01月02日 18:58
あけましておめでとうございます。

まずはGCDFに受からないと、次のステージにはいけませんが、しっかりとした実力をそのあともつけていきたいと考えています。今年もよろしくお願い致します。
Posted by 堀田 at 2015年01月03日 09:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック