2005年06月02日

今日はキャリアカウンセリング協会の総会でした

今日はキャリアカウンセリング協会の、年に1回の総会でした。
大手人材サービスの社長、役員クラスが集まって、理事会で今期の予算承認、総会では昨年度の決算報告を中心に話をしました。

うーん、別にどうということもないはずなのですが、やっぱり緊張しますね。

今期方針で行くと、キャリアカウンセラー養成の強化もさることながら、新規のカウンセラーの力量向上施策の実施と、そのための投資について承認されました。
一安心ですが、やることが山盛りでまた忙しい1年になりそうです。

今はキャリアカウンセラー養成として、GCDFトレーニングをやっていますが、更にカウンセリングの力量向上の為の「ヘルピングアドバンスコース」の安定提供や、キャリアカウンセラーとしてメンタル面に課題があるクライアントにどう向き合うかを学ぶ「メンタルプログラム」の開発、カウンセラーが面談やワークを進めるのをサポートする「ツール」の開発・提供・・・・
日本の高名な学者のセミナーや、海外からの講師招聘。
とっても色々やることになってます。

大手人材サービス各社も、クオリティ上げには賛同していただいており、ありがたいことです。

上記以外で私たちがやっているのが、「面談を観る」ということが理解できるプログラム開発。
GCDFで基本の関係構築ができるようになり、アドバンスで関係構築から面談ができるまた自分の面談を評価する方法を学びます。
でも、関係構築から一歩踏み込むためには、面談自体がみえている必要があり、それをどう学ばせるか、が難しいのです。

まずは協会のスタッフで実験していますが、練習をすることで、クライアントの変化や、それが何によって(カウンセラーのどんな行為)がきっかけになって変わっているのか等観れるようになり、有効性を感じているもののファシリテートが難しい。
トレーナー泣かせのプログラムですね。

後、半年・1年すれば、ヘルピングアドバンスの次として、提供したいと思っています。

今日は疲れていて文章ヘロヘロですね。

ではこの辺で。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック