2005年05月03日

城南高校:ドリカムプラン

高校でのキャリア支援事例

「10年後の私について」。福岡県立城南高。同校の1年生は、入学直後にこんな題材の作文を書く。「高校の3年間は自分の夢を実現するためにある」。ドリカムプランと名付けた進路指導方針のもと、将来就きたい職業を探す。

日経ネットより引用
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt33/20010130EIMI177030033001.html

<コメント>
雑誌でも城南高校の事例は紹介されたので、後日掲載した雑誌を紹介したいが、キャリア支援はなにも大学からではない。
アメリカでは幼稚園から既に、キャリア教育は実施されている。

城南高校の事例も、単純に「親からやらされる」「学校からやらされる」のではなく、「自分の夢を実現するステップ」として高校3年間を意味づけることにより、やらされるから主体的に変われる、という学ぶことの意味の醸成に他ならない。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック