2011年09月16日

キャリアコンサル戦略と理論勉強会感想

昨日東京で「キャリアコンサルティング戦略と理論」の勉強会を実施しました。
多くの方は理論は「テストに通るため」と思っていますが、プログラムを作るほうからすれば、理論を知っていたほうが解決できる可能性高くなるし、うまく活用してほしいと思っているのです。
今回のテーマは知識を現場で使えるようになる、ということ。
受講生の感想も、けっこう即効性有りそうだし、理論をどう現場で使うのかをきちんとやることは意味があるようです。
来月大阪でも実施しますが、
http://career.on.arena.ne.jp/1001rironosaka.pdf
今後も年1回程度定期的に実施しようと思いました。
効果としては現在実践をやっている人に特に役立つ印象です。
(2級検定合格はここまで知らなくても合格できるが、本気で解決率を上げたいならこういう学習をしたほうがよいし、1級を目指す人は理論はちゃんと理解していたほうがよい)

以下受講生の感想です。
・カウンセリング理論を実践でどのように使うかが体感できました。明日から使っていきます。
・「理論の実践の仕方」「自分のカウンセリングの概念化」「過去のカウンセリングのリソース化」が分かった。
・人に伝えるため、客観視するためにも概念化が大切だと気づいた。
・各理論を活用する場面が分かったことで、使う時のイメージが湧いた。
・問題と目標を決めて共有することが何より大事だと気づいた(基本)。
・複雑と思われる状況をシンプルに構造化することが大事だと気づいた。
・「問題と目標をクライアントと握る」から、次のステップ「ストラテジーについてクライアントと握る(解決に向けた進め方を相互確認する)」が自分の中でクリアになった。
・キャリア理論とカウンセリング理論も使い方、使い分け方、組み合わせ方が理解できたので後は練習あるのみ。
・目の前に座られるクライアントのために、何ができるのか、何が分からないのかを明確にできた。
 (踏み込みが足りない←目標・問題をクライアントと共有できてなかった)
・キャリアコンサルタントの仕事が好きだという自分に気づいた。
・ただ提案する場合に比べて、理論に基づいた提案をすることの重要性(クライアントの反応も違った)。
・どうしてそうするのかの説明をし、同意を得ることで、より強く進めることができる。
・うまくやれていないクライアントに対しやってみて、クライアントのフィードバックをもらい、自己成長につなげたい。
・カウンセラーにもロジカルシンキングが大切(やれていない)。
・キャリコン視点の問題についても、クライアントの批判にならないように注意しながら介入が必要であることに気づいた。
・「目標***へ達するために***にしていきたいと思うのですがいかがですか?」というステップの重要性に気づいた(分かる→できるが課題)。
・理論の概要、イメージ図、利用の場面、注意点等しっかりと自分のものにすることの重要性が分かった。
・理論をケースの中でどのように使っていくかはやはり経験をつむことが大切と悟りました。
・問題・目標を概念化・パターン化して、自分の引き出しをたくさん作ることで質がアップすること、時間も短縮できることに気づいた。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:セミナー勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック