2010年03月16日

指導者レベルに向けた視点

キャリア協議会から「熟練レベルの検定に合格した人達から次に何を勉強すればいいか勉強の場を求められているので何かいい方法ないですか」と相談され、一旦詰めて考えてプログラムを昨日まとめてみました。

キャリア協議会で提供するのか、私が自分で実施するのかはまだこれからですが、けっこういい整理できたかな、と自分で思っています。

まず難しい点は、力量上げたい、と言う時にアセスメントだったり、キャリア理論だったり、倫理だったりと、学ぶ要素は多数あるのですが、多くの人は「次は1級、指導者レベル」と片方で想いがあるため、単発の講座には魅力を感じない。
一方で、では指導者レベルになるためにキチンと学習しようと思うと、例えばキャリアカウンセリング協会の20日間63万円とかの重いプログラムになり、敷居が高い。
なので、熟練レベルから指導者レベルになるために求められる力と、その力をセルフチェックする方法を学び、今後個別にどの部分を強化していくかが整理できる内容にしています。
こういう指導者レベルになる為の自己理解をするものがあって、初めて「これを学習しよう」という気持ちになると思っています。

実際にはキャリアカウンセリングを勉強している人に提供したいと思っているプログラムに「理論とその活用法」があります。
せっかく理論を勉強したにもかかわらず、知識で終わっていて現場で使えるレベルまでコナレテいない。
でもこれも実践面ではすごく役立つのですが、検定に直接役だたないとあんまり興味持ってもらえないんじゃないでしょうか?
熟練レベルは我流と我流を補完する理論ぐらい知っていれば何とかやれるのでウエイトは低いし、指導者レベルになると求めるものが多く知っていて当然の扱いをされるので薄まってしまう。

今年は福岡の人たちから勉強会の要望が強いので、少し実験的な講座を小さくやってみようと思っています。
東京の生徒からも「個別指導ないのか」という要望あるので、土日の片方だけ東京の仕事の時とか、少人数限定の勉強会とかやってもいいかな?実験的に色々やってみようと思います。
東京での少人数の勉強会(イメージは5-6人で1人1時間強、その方の課題に対してスキル向上のトレーニングを行い、みんなも同席して一緒に学ぶ感じ)興味ある方は
info@career.on.arena.ne.jp
にメールください。
ある程度人数いるようであれば、一度実験してみたいと思います。
よろしくお願いします。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | (キャリアカウンセラー:必要な能力・知識・資格) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック