2019年04月02日

1級合格率3.6%とは

新年度になりましたが、相変わらず手が回らず苦労しています。
1級合格の報告、ダメだったという報告いただいております。一人一人に返事をするのは難しいので、皆さんに向けてメッセージしたいと思います。
「今回の試験、合格率3.6%なんですよ?どう思いますか?」と言われ、確認すると本当でした。主として不合格だった方にメッセージを送りたいと思います。
まずは、合格された方へ。
凄く難しい試験へのおめでとうございます。今後も努力を継続し良い支援者を育ててください。期待しています。
不合格だった方へ。
3.6%は厳しいですね。採点官の成長のステップで言うと、最初は自分に自信がないから弛め弛めに評価してしまう。段々経験を積み、次は出来てないところが凄く見えるようになる。あれも足りない、これも足りない。更に成長すると、できてない部分だけでなく出来ていることろも見て、相手への影響から評価できるようになる。
今回の結果から推測すると「できてないところ」を強くみられている気がします。
PDCAで考えると、できてないところをチェック・改善(ACT)することが成長への近道。
採点官などから理由を何も聞いていない(聞いていたら書けないし言えない。聞いているようなこと言っている人いたら、それは守秘義務違反の証拠)ので、皆さんの傾向からどこをチェックしてほしいか書いておきます。
➀指導関係が緩い・・・指導者は良いことしているつもりでも事例提供者との関係緩いから響かない
A事例提供者の問題課題をしっかり見れていない。特に、事例提供者が気づいてない問題を見れていない・・・楽なのは事例提供者が気づいている問題だけ触ることだが、効果が低い
B問題の捉え方が広い・あるいは根っこを理解できてない・・・関係構築が問題、はあっていても、そのどの部分がテーマか、あるいか基本的態度が問題なのにそこまで目が届かず表面で終わっている
C指導方法が良くわかってない・・・指導方法が表層的で効果をあまり期待できない
D指導者(候補)自体の基礎理解が薄い・・・Bにも繋がるが、例えば関係構築の理解が表層的で問題もわからなければ指導もできない、指導のや倫理の理解が表層的で「今介入しないとクライアントを守れない」というものに意識が低い等

どこが課題で引っかかったのかわかりませんが、ケースの設定が基本的態度に問題あるのに事例提供者はそこ認めていないケース、更に、それを放置すると今のクライアントに大きな不利益があるケース、だと、「基本的態度に言及ない」「迎合している」「指摘したけど関係弱く事例提供者受け入れない」「クライアント守れない」等関門が多数発生します。

いずれにしても、実際の支援をする場合、どこも乗り越えた方が良い課題・悪い点を自覚できるのは成長の早道です。

結果は変わらないのだから、これを成長の機会にし、一層効果を出せるプロに近づいてください。
人生七転び八起き。頑張りましょう。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 11:26| Comment(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする