2017年04月07日

ジョブカード改善案大募集

ジョブカードはポテンシャルあるけど全然だめで厚労省に提案したい、とこのブログで勝手に言っていたのが2012年の1月末。
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/249565382.html
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/252182885.html
意見を聞かれ新ジョブカードに代りましたが、それでもまだまだうまく使えていない。
国民を成長させるツールとしてどう変えれば(変えるより名前変えて作り直した方が早いといういう意見もありますが)公的に意見を言える場をもらっています。

今ジョブカード(新ジョブカード)の不満がある方や改善策をお持ちの方、是非ご意見を頂ければと思っています。国民の成長支援施策へのご意見でもよいです。

個人的には「全部書かないとダメ」というルールを「自己理解を深める道具なのだから一部利用でよい」や、「クライアントがデータ保持でカウンセラーは持ってはいけない」を「本人了解でデータ共有可」に、キャリアマトリクスにあったような簡易アセスメントを補強、細かすぎる能力要件をもっと絞り込んで日本の国際競争力向上の基礎コンピテンシー(コンピテンシーはビジネスでパテント上使えないなら能力要件)をまとめてそれを固める「高め方」をキャリアコンサルタントの企業領域に教育等考えています。
皆さんの意見を国の施策に反映するチャンスです。
アイディアある方はご意見ください。
よろしくお願いします。。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閃いたこと

先日キャリアカウンセリング協会のトレーナー勉強会(毎月講師は定期的に学習し、欠席した人はビデオで見れるようになっている)で、「これまではカウンセリングについてに学習中心であったものを更に学習内容を追加し拡充することや先輩講師の技術伝承を強化する」という方針発表があった翌朝未明、「あ、そうか」と閃くことがありました。

私はカウンセリングを「共同作業」として説明しています。でも一方で、本当に共同でないとダメなの?と言えば、ゲシュタルト両方のパールズなどは共同でなくクライアントの自己理解が進めばよいと考えているように感じています。
気になっていたのは「(カウンセラー関係なく)クライアントが解決」でもよいのか、「共同作業として一緒に解決」なのか。

振り返ってみると、技術伝承で先輩のトレーナーに「ぜひこういう面を更新に伝えてほしい」という話をしていたから。シナプスが夜に無意識につながったのだと思います。

閃いたことは「いくら個人でできたと言ってもそれは頭打ち。自分の経験知識感性だけでなく他者のものも取り込めた方がより良いものができる」ということ。
だから(ここからが本題です)
「自分で解決」は解決できないよりマシだけれどもっとよい解決策がある。
「カウンセラーと共同作業で解決」も独りでやるよりはマシかもしれないけれどそのカウンセラーがベストである可能性は現実には高くない。
「カウンセラーとの共同作業を体験することを通して、他者を巻き込みよりよい解決ができる人間になること」が大事なんだ。共同作業でやったと言ってもカウンセラーが一方的におんぶにだっこしたのでは他の人を巻き込めない。

少なくとも「解決」のプロセスはきっとそうなのだろうなと自分で整理できました。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 13:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする