2016年09月13日

問題について

コメントに1級論述の「問題は何か何か」の根拠の書き方が分からないと質問がありました。
問題について正しい理解がされていないと気になっているので、この機会に書きます。

まず、クライアンが訴えている問題を把握する際に、問題状況と問題とが違うことが理解されていません。
例えば、上司が嫌な人、労働時間が長い、転職出来るか自信がない、は問題状況。
2級技能検定だと問題状況までしか分かっていなくても合格している様に思いますが、ここで止まってはいけません。
ここで「だから何が問題?」と踏み込んで行かないと面談は進まない。
踏み込んでクライアントと共有したものが「クライアントが訴えている問題」
クライアントが訴えている問題を判断する根拠が問題状況であり、そこから導いた仮設への反応です。
問題状況を問題と誤解して根拠を書こうとすると「クライアントがそう言ったから」程度しか書けません。

「クライアントの問題は何か?」はクライアントが訴えている問題ではありません。
クライアントは自己不一致しておりずれています。クライアントの認知がずれていたり、情報が足りない等しばしばあります。
カウンセラーとして問題を把握する。

この両方をあわせて、どの問題に焦点を当てるとクライアントが前向きな変化をすると予測しますか?が「クライアントの問題は何か」の答え。その予測は論理的に推論されているかのチェックのために論述では根拠をきいている。
続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | よくある質問への回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

キャリアコンサルの声役所にも届いてます

忙しさですっかりブログをさぼっていました。久しぶりに書きます。

現在ジョブカード関連の委員会に2つ参加していますが、興味深い事があったので書いておこうと思います。
委員会では基本的に今運用している公的サービスの内容について大胆に変更修正案を出す人は少数派です(私は変革イノベーターが自分の役割と思っているので勝手なことを言いますが・・・)。
役所の方も、今のサービスが今一歩などと言うと税金を無駄使いしたと批判されるためなのか、民間のようなシビアな振り返りはあまりしません。

が、前回委員会の中で、厚労省のメンバーサイドから「現場のキャリコンからこんなことを言われている」「今のこれでは良くない。もっと使い勝手を良くしないと」等の役所らしくない発言がけっこう出てました。
皆さんの声を役所はけっこう気にしています。
個人の好き嫌いは聞いてくれませんが、「どうせ何を言っても無駄」ではなくて、「本質から考えて良くない」や、「本来こうあるべき」等は積極的に発言して頂きたいと思います。
そういう意見の積み重ねが、少しずつ社会を良くしていきます。


続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする