2015年04月20日

キャリアコンサルタント国家資格化

キャリアコンサルタントの国家資格化が国会で審議されています。
民間資格だったものが「国家資格」にしないといけない、と国が判断するほど社会への影響力が大きくなったということでしょう。社会の仕組みにロックインしようとしている。
職業紹介に関する仕事、キャリア支援に関する仕事をしている方には激震かもしれません。
名称独占で、キャリアコンサルタントやそれに類する仕事をしている場合、国家資格をとらない限りは、これまで潤沢な経験がある人でも「キャリアコンサルタント」だけでなく類する名称を名乗れないとなれば、現場に出にくくなり死活問題です。
「最低限でも国家資格は取る」がこの領域で働く人のMust条件になってくる。
(それで引退する人も出るので、資格を持っている人には席ができることになる)

「国家資格にすることで、Must要件を決めたようなものだから、今後技能士2級や2級を受けるとか(それ以上学習する人)は少なくなるだろう」と私の周りでは結構言う人が多いのですが、私はそうは思っていません。
キャリアコンサルタント5万人→10万人、で、実際この領域で働く競争はもっと激化します。
ハローワークのような公的分野では「最低条件」を満たしていればいい、という運用も残りますが、今後増やす計画は「企業」。給与が高い代わりに「出来る人」しか採りたくない。
選考者のWANTを満たす材料がない人は、資格者が増えれば増えるだけ「国家資格保有」だけだと安い仕事しかまわってこなくなる。
差別化をどうやるか、それができない人は国家資格だけでは生きては行けても自由ではない。
カウンセリング実務経験が潤沢な人・・・は国家資格だけでも結構いける。ただ、企業、学校、マッチングとの別の領域の経験をそのままでは認めないので、同じ領域に留まるのならば、その領域が今後大きな変化がなければ、という条件付。
美男美女・・・・それだけでもけっこういける。国家資格+プロフィール写真でCLを引き寄せることできる。ただ、そのCLが顔を見るだけでなく問題解決の意味でも満足できることと、加齢に関係なく輝くように外見だけでなく内面を鍛える条件付。
そうじゃない人・・・・自分のスキルを保証してくれる採用サイドのキーマンを持っている、あるいは別の資格(例えば臨床心理士、社労士等)や実務でそこそこ魅力がありダブルの価値で差別化できるとかいう人以外は、勉強の記録を重ね、資格等保証してくれるものを取り、人脈を拡げないときついんじゃないか、と思っています。
経験潤沢な人も、美男美女も、目の前のCLの満足が積み重ならない限り仕事の更新は難しい。結局「キャリア支援の専門職になる」というのは「一生学び続ける」と同義だと思うのです。

ついでに言うと、今後は「更新」で「スーパービジョンを受ける」等の「個別指導を一定時間受ける」項目が必要になってくると思っています。
「国家資格」の場合に、指導する人はカウンセリングの経験者であれば誰でもいいとなるとは考えづらい。
やっぱり1級保有とか、それに類する何らかの高い資格を持ってないと認めにくいんじゃないかな?
国家資格のキャリアコンサルタント育成する指導者も、いつまでも無資格でいいと国は言わないような気もしています。心配性かもしれませんが。

ま、国家資格を取れば大丈夫、と思う人と、そうなると競争が激しくなるから一層の差別化が必要、と思う人では、そこから先の人生が変わってくるでしょう。力を上げるには時間が必要です。
私がマイノリティかもしれませんが・・・・
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 11:10| Comment(3) | TrackBack(0) | キャリアカウンセラー:必要な能力・知識・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交流会と姿勢態度

3回目の交流会の感想と写真をアップしてもらいました。
実施したワークは「からだ体験モードで学ぶカウンセリング」

交流会を始めたのは、丁度テレビでやっている松下村塾のように、みな高めあう場、そういう人が出会う場を作りたかったから。
参加者同士が知り合いになるだけでなく、想いや志で繋がって行く実感持てるほどうまくいっていると感じています。

ワークで「からだ体験モード」や「ノンバーバル」をやっているのは、私の先生や先輩方々から「ノウハウや方法ばかりに走って、姿勢態度ができてないカウンセラーが多い」と指摘されたから(私の教え方として最初に姿勢態度を徹底すべきで、それが弱い人にスキルを教えてもダメと言われているように感じたから)。
これも感想を見ると、「寄り添う」とはどういうことで、自分は実は寄り添ってなく自分勝手に押していただけ、とか、「信頼」とはどういうもので、それを感じ取ることができた、分かっていることが伝わってきます。
たかが2時間のワークでここまで感じ取ることができる人が多いのであれば、カウンセラー養成の最初に入れようかとかも思いたくなるほどうまくいっている。

「姿勢態度ができてない人にスキルを教えてもダメ。最初に分かっている人は伸び方が違う」と言う方結構多いのですが、私自身はそこまでは思っていません。人間そんなもんでしょ、私もそうだった、と思ってしまう。もともと筋がいい人ばかりがその道に入る訳でなく、その道の中で見つけていく人も多い、と。
若いころを思い出すと、雑誌で「女の子の口説き方」を読み、真似るのにうまくいかないの繰り返し。男はみんなそんなもの。だから車を買うとか、服を雑誌のに近づけるとか、やってたんじゃないかな?
女性だって、「外見が美しく見える」方法を一生懸命やって、「内面から輝く」は時間がかかるので重視されない。他人に感謝し、全ての人の素晴らしい点を見つける、なんてやってなかったでしょう?
ロジャーズだって、最初は表面的なスキル的に言ってたけど、晩年「態度」に表現を変えた。
技能検定を通してカウンセラーとして何ができないといけないかを教えると、どうしても「スキル」や「知的理解」が中心になる。それをやりつつ「なぜそうなんだろう」「結局何がCLの役に立つのだろう」と考えることで「姿勢態度」も掴める、と思っていたのだけれど「検定」で「それで合格」と言われると考えるのをやめてしまう人もでるのかも?
教える者として、自分にできることで姿勢態度の理解を深めることを小さくてもはじめ、それを拡げる、と思ってやっているのです。

前頁(ブログ並び順だと次の頁)の写真見てみてください。
ペアを組んでCLは相手に倒れ、CCは受け止める、というワークをやっているのですが、倒れる=受け止めてくれる、というのが如何に不安で、少しずつしか進んでいかないか。傾き方ちょっとでしょう?心理的にはあれでもドキドキしている。
何回か受け止めても、やはり上半身だけ後ろに倒して自分で何とかできる範囲にとどめようとする。自分がコントロールできない時間は怖い。この感覚が大事です。
「傾聴」だといって、相手が言っていることを何回か受け止め、感情をちょっと言ったからと言って、自分を委ねて何でも話すなんてまずない。本当の信頼関係ができるまではまだまだ経験が必要です。一歩一歩ゆっくり進んでいく。でも、「受け止めてくれない」という不安を感じれば、信頼が深まるのははるかに時間がかかるので、1回1回を大事に受け止めていかなければ、ということです。

交流会はワイン等のアルコールも出してますので、機会があれば参加してみてください。仲間が増えますよ。
私達の仲間になりませんか?お待ちしています。(田中春秋)
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

0411交流会(体感編)御感想

ドキドキ、ワクワク参加されて、「何だココは!?」と、温かさ楽しさ幸せ感じているうちに、「あぁ、何か出来そう」と、心の扉が開き、行動を起こす準備が出来て一歩を踏み出される御様子をヒシヒシと感じていました。
心の声を、ありがとうございます。


・予想通り為になりました。CCとして必要な「思考」「感情」「行動」の「言語化」を練習することができ、このワークショップは必要だと胸を張って推薦します。
・すっかり安心、心地良い時間を過ごしました。信頼すること、開示すること、それを体感でき、初めて人との関わりに本当の楽しみを知りました。
・初心に戻れる、気づきが沢山ある、心と体がリフレッシュする、自分の立ち位置が分かる、何が足りないかに気づく、ネットワークが広がる、自身の強みにも気づく、志が膨らむ。学びと新たなネットワークそしてエネルギーを持ち帰れました。
・皆さんの志が高く、今ある自分はどうして?から始まった学びが面白く、どんな人にも知って頂きたいと思っています。第1部の「体感」では、寄り添いの難しさを改めて感じました。めったに経験できない体験の機会を与えて頂きました。
・意識すること、無意識であることで体の変化が違うと気づき、体感できた。CCとCLとの距離感の意識の持ち方と、お互いの色々な方と交流させて頂く事により、学びと繋がりと刺激を頂くことができることは、大変有難いです。
・貴重な「学び」と「交流」の機会を頂き、本当に有り難うございました。
決して我々が見失ってはいけないカウンセリングの本質を体感させて頂き、参加させて頂いたことを感謝しております。
・とても参考になりました。体感ワークは良き刺激となり、またネットワークも一気に開けた感じがします。ありがとうございます。
・今日の「体感」で、自分のカウンセリングで不足しているところを体で感じ取ることが出来ました。
また、様々な方と知り合えてネットワークが広がりました。
・今回は目の前の心のシャッターを開けてみました。パワーのシャワーを沢山頂きました。参加してよかったと感謝の気持ちでおります。
・日頃、頭で考え、思い(感じているつもり)、体は意識したことがありませんでした。体を動かし触れ合いながら自分の気持ちを感じる。相手の気持ちも体を通して感じる。貴重な体験でした。カウンセリングに通じる“この感覚”は忘れずにいたいと思います。色んな方と話が弾み、とても楽しかったです。分野は違えど、このような集いの場を提供いただき感謝しております。
・運営がとてもスムーズで快適でした。1分自己紹介も、とても良かったです。
・素敵な時間をありがとうございました。皆さんの志を聞いて、今からまた頑張ろうと感じることが出来ました。
・自分の強みを活かして人の役に立ちたい。自らの「志」を掲げることが出来た。その為に常に自己研鑽を積んでいきたい。
・楽しい時間、充実の時間を過ごしました。今後の大きなネットワークを頂いた様に感じています。今後も楽しみにしています。
・どんな世界が広がるだろうとワクワク感で参加させていただき、CLと向き合う時に大切な心と体を体感させていただきました。まさに、カウンセリングの根本とも言えることを、心に体に刻みました。
・体感した安心感を、他の方にも広めていけたらと思います。志の高い方と知り合いになれて、今回のチャンスをネットワークとして広げて、一緒に仕事していけたらと思います。本当に嬉しいです。
・体感するワークを通して、頭で理解していたものを感じることが出来た。更に、頭では理解出来ていなかった、気づいていなかったことまで体感から気づくことが出来たのは驚きです。とても大事なギフトを頂きました。また、出会った方々が魅力的で楽しかったです。

「出会った方々が魅力的で楽しかったです。」 うーん、殺し文句。
皆さんの様子を見ていても、何十年かぶりに会う旧友のよう。とても初対面とは思えません。
きっと魂同士は、ずっと前から知り合いだったのかと思ってしまうほどです。
「同志」とは、そのようなものなのでしょうか?

どうぞ、まだ御参加されてない方も素敵な仲間に会いに来てください。
待っています。 (洋子)

0411体感写真.jpg
0411写真.jpg
0411.jpg
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする