キャリア研修センター(web本館)
http://career.on.arena.ne.jp/index.htm
に入らない、細かな情報や私の感想等をストックします。
企業、カウンセラー、個人に向けた情報サイトです。
転居に伴い「福岡」から「浦安」に変えました。

2019年01月03日

あけましておめでとうございます

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今年の皆さんへのメッセージは、「今」だけなく「将来」への準備をプロとして支援していますか?その力を高めていますか?

素人は直面して初めて「もっと前に教えてくれてれば」と感じます。でも既に予測できる未来はあるし、キャリアの準備には時間がかかるものです。
人生100年時代と政府は最近よく言います。
寿命が延びると言うと「年金破綻する」と言われる。それなのに「寿命が延びる」と政府が言うとすれば、ロジックを変える意図があるからです。ロジックを変えざるを得ない聞こえのよい理由を先に宣伝している。
高齢社会白書自体
https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/index-w.html
を読んで欲しいのですが、
まずは何人で年金者を支えるのかを整理したサイトをまず見てください。
http://www.garbagenews.net/archives/1999777.html
今(65歳以上を64歳以下で支える場合)は2人強で1人を支えているけれど、2045年には1.4人で1人を支えるトレンドになっている。
つまり、25年後には各人今の約1.5倍の負担になる。
皆さんは税金としてそれを平気で負担しますか?
もう一つ比較で出ている資料=75歳以上を74歳以下で支える場合は2045年も3.2人で1人を支え、2065年も2.5人で1人で支えるだけで済む。誰が見ても、今の64歳以下で支えるのは無理で、74歳以下で支えるしかないでしょう、という(政府の)意図を持って作られている資料です。
既に現時点で、年金支給を更に送らせて、しかも70ではなく74、元気なうちはずっと働く社会に変えていくことは必然のシナリオです。政府はここ10年で年齢引き上げを決定する気でしょう。

企業は「年金支給まで=順次75まで正社員は雇用せよ」と政府に言われるでしょう。
65まで雇用を伸ばすのさえ四苦八苦しているのに、70、75までと言われ、どう対処すると思いますか?
➀成果主義色を一層強くして、高齢者を雇っても成果分しか払わないので困らない会社にする
A60にタッチすると雇用リスクが高いので、ローパーフォーマ―は定年前に排出する仕組みを強化する
B国の指示なので一応雇用するが、ハイパフォーマー以外は最低賃金レベルにし、自主転出を促す
一層パフォーマンス評価が厳しい社会になり、キャリコンの定義の中の「職業能力開発」の重みが一層高くなるでしょう。
あなたは職業能力開発ができますか?
職業能力はどうやって伸びるのでしょう?

ABの対処を行う企業だと、ゆとりある生活をするためにはシニアでも転職できる力が必要。
「売れる専門性」があると心強い。
ドラッカーのパラレルキャリアのように、シニアになって初めて何かをやるのではなく、第2の人生の為に並行して何か実行しておくことも大事です。
キャリアコンサルティングの資格を取って小さく実践しておくなどは一つの例。
クライアントは売れる専門性を持っていますか?
AIの時代に売れる専門性って何ですか?
どうやってその専門性を育てますか?

シニア転職で企業が採用をためらう要素は「変化対応力」。
変化対応力は若いうちに高めた方が楽。年を取ってから急には難しい。
変化を嫌う人を放置すると、シニアになって苦労するのは目に見えています。
変化へのチャレンジを支援していますか?
シニアの変化対応力を高める原則は分かっても、実際に変化対応力の低いシニアをどう訓練すればましになるのか、
実践的な部分は(売れないシニアを担当することはほとんどないので)私自身も実感がありません。
斡旋やアウトプレースメントで実践ケースが多い方、是非勘所を教えてください。

キャリアの視点で対処が上手くいかない場合、根っこの精神的な問題が障害になっているケースもあります。
予想以上にキャリアで詰まる場合に臨床心理領域の問題を抱えていることが多い、と臨床心理を学んでいる妻の洋子も、よく話しています。
善意のつもりかもしれませんが、出来ないことを抱え込むのはクライアントの不利益。
違和感を察知する力(アセスメントの力)が大事なのと同時に、リファーできるネットワークを持っていることもプロとして重要。
今後の社会の変化を考えると、ますます領域間を繋ぐ力が必要になるでしょう。
アセスメントできますか?ネットワークを拡げてますか?

支援者としても一層の能力開発が必要です。

みなさんは大半がキャリア領域の専門家だと思います。
人生100年時代、専門性があるのはとても重要。
しかも、人の情動を扱う領域はAIが苦手な領域(マッチングはAIが得意な領域です)。
その上、専門性を高め続ければ、シニアになってもある程度の収入で働き続けることができ、価値を生み続けることができる。
専門性を高め続けましょう。

人生100年時代を検討すればするほど、「健康」の重要性が良くわかります。
正社員は国の指示で「年金まで原則雇用せよ」と言われますが、一番の適応除外は「健康でない」場合。
「健康」は人生の基礎です。
「キャリアプラン」の中で、「健康への投資」を(自分の身体も反省し)もっと強調しないといけないと反省しています。
なりたくないと言っても病気にはなってしまうもの。働き方改革の中に「治療と仕事の両立」があるように、病気の人への支援力も高める必要があります。
ただこの「治療と仕事の両立」分野は本当に難しい。「リハビリテーションカウンセリング」という専門領域がありますが、そういう専門家の領域の確立とキャリアコンサルタントとの協働関係が必要です。
病気をしても食うためには働かないといけないのでキャリアコンサルタントも関わる必要がある領域ですが、何をやるのか、どこまでやるのか、何はリファーしないと危ないのか、整理が必要だと感じています。
病気を持ってキャリア支援をやっている方へのお願い。「乗り越えたモデル」はクライアントを助ける良い材料になる。是非病気と仕事の両立をしてほしいのと、状況と乗り越えたカギを公表していただきたい。お願いします。

個人的には、今年は特に「変化対応力への支援」「健康への支援」「多様な視点を持つ支援」を強化していきたいと思います。
皆さんは何を強化しますか?
今年もよろしくお願いします。

キャリア研修センター 田中春秋
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 19:41| Comment(1) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

企業とのカウンセラー契約

企業とのカウンセラー契約をどう結べばよいのか質問があったのでコメントします。

普通は契約先会社が契約書を作って、自分の会社に一切リスクなく使いやすい用に契約を作るので、カウンセラーとしてはちゃんと項目のリスクを考えて交渉しないといけません。
何かあった時の損害は全て受託者、というような契約を法務は作りたがるので、特に大企業と契約するときは注意です。

契約する上での主要な検討項目は
1)カウンセリングは1面談単位?1日単位?
1面談単位にした方が企業は楽なのだけど、カウンセラーとしては1面談の為に呼び出されてその日他の仕事が出来ず数千円では生活できません。
面談単位なら1期最低3面談とか、条件付けた方が良いと思います。
契約条項なくても相手がこちらを考えてセッティングしてくれるならそれでもよいですが、担当変わると苦労します。
2)単価レベルをどう置くか?
価値ベースと代替えコストベースとマーケット価格ベースがあります。
価値ベース。
面談をすることでどれだけ社員が成長しどれだけリスクが減るのか。会社への提言レベルも含めて価格が変動します。
価値がないなら0円だし、大化けするなら10万円でもよい。
自分の価値が高いと証明できるなら強気の交渉できますが、関係構築しかできないや、表面的問題への対処しかやっていない人の価値は安いです。このロジックでの交渉は熟練レベル以上。
代替えコストベース
契約する会社の正社員の平均賃金は年いくらぐらいですか?
会社は間接経費人件費他でその1.5-2倍ぐらいコストがかかっています。
受託者がカウンセリングしない場合に正社員が実施するとしたらその人件費が発生するわけです。
中小企業なら例えば600万の正社員が面接すれば、200日労働と仮定すると3万/日ー4.5万/日の人件費他経費を投下している訳です。
(大企業の1200万円の社員なら6-9万円/日になります)
しかも正社員にそういう業務をさせる場合、先にカウンセリングの学習に活かせ資格を取る、という時間とコストがかかる訳です。
間接コストまで比較に入れることができる社員は相当優秀な人なので、間接費なしでの代替えコストの方が説明しやすいかもしれません。
マーケット価格ベース
国だと最も安く入札した価格。資格は持っていて仕事がない人が「いくらでもよいから」と言うケースもあるので1面談数千円でアリバイの為の面接はと取引されています。
本質的にマーケット価格は質が良いものは高く、安いのはクオリティ今一歩なのですが、「質」を評価できる企業はあまり多くありません。
企業が判断できるのは「これまでどういう企業でカウンセリングの実績あるのか」が「資格レベル」です。
それさえも分からない会社は、質は関係なく価格が安いところを選ぼうとしますので、成果を出して「他はどうなの?」というスタンスをとるか、安い会社が攻めてきたとき値段を下げるのか付き合うのを辞めるのか腹決めが必要です。

スキルや実績が十分な人は価値ベースでの価格交渉、ビギナーは代替え価値ベースでの交渉が良いのではと思います。
3)面談価格をどう考えるか
2)の1日いくらをベースにして、最大何面談できると置くかが面談コストの基本になります。
1日5万円と置いて、8時間で平均何人面談できると考えるか?
1時間面談、ケース記録等書いて5面談がクオリティ考えると上限ならば、1万円/面談。
1面談とか2面談での発注があるなら、分割損を考えて面談単価を高めに設定します。
4)交通費旅費出張費をどうするか?
受託者からすると全額企業負担。委託者からすると全額受託者負担が望ましい。
少なくとも遠距離の場合は企業負の項目は入れた方が良いのですが、都内の場合は力関係で決まります。
ただ、1面談で依頼があり、交通費も込みと言われると、カウンセラーの時給は1面談の依頼だと最低点銀如何になるケースもあります。
交通費実費にすれば企業としては面接まとめた方が有利になります。
ここは交渉の仕方次第。
5)基本契約料をどうするか?
単位面談をする以外にどれだけの業務を引き受けているかがこの価格になります。
面談結果を経営への提言に加工して提出するならば別途料金発生しておかしくありません。
面談ではなくメールでのフォロー等も発生するなら、面談量を高めに設定するか、その分まで含めて基本契約に含めます。
上司グループから、メンバー支援で困った場合にメールで相談できる、とかするなら、そこも固定費を加えた方が良いでしょう。

上記を参考に契約条件を考えてもらうのと良いのではと思います。
機密保持条項は企業相手だとほぼ入りますので、そこは覚悟していてください。

では頑張って下さい。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:02| Comment(0) | よくある質問への回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

私(田中春秋)が直接指導する少人数個別型プログラム参加者を募集します

気が付くと今年も半分が過ぎています。
ブログも見たら、新年の挨拶以来の更新。生活のゆとりなさすぎです。

大変遅くなりましたが、少人数個別指導型のプログラムを2つアップしました。
1つは指導者(候補)向け。一人一人の指導を私が確認する形での指導方法の個別指導に加え、
カウンセリングスキルの向上も目指すプログラムです。
前回の受講生(1期生)からのメッセージを読んで頂けると、どういうことが学べるかイメージできると思います。
もう1つはカウンセラーとしての課題発見のプログラム。SKYPEを使い東京以外の方も受講できます。
ケース記録だけでなく事前の記述課題も含め、カウンセリングの理解や実施のレベルを把握します。
私の時間的ゆとりがないので、今回は指導者(候補)対象で、しかも選考を行い人数を絞って実施します。
まずは少人数で良いので、本当にできる指導者を育てていきたいと思っています。
興味関心がある方はHPをご参照ください。
http://career.on.arena.ne.jp/

この少人数個別指導型のプログラムは、本当にできる指導者を数人でもよいので育成したいという想いでやっています。
今の小手先のスキルの有無ではなく、志を持って自分の人格を高めたいと思っている人の参加を期待しています。
自分を見つめることには痛みがありますが、痛みに負けず頑張って下さい。
本気で成長したい方の御参加をお待ちしています。
キャリア研修センター 田中春秋
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:41| Comment(1) | キャリア研修センターイベントのご案内等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

新年のご挨拶

新年おめでとうございます。
今年は初夢ネタ(実話)から始めてみたいと思います。

今年の初夢、未来(数十年後)のキャリア支援でした。
「対話式AI対応キャリアサポートサービス」というのが始まっていた。
人間ではなく、自分が選んだキャラクターが対応していて、私は私ではなくもっと若い女性?で、
「私は気ままだから猫モデルがいいかな」と猫を擬人化したキャラクターを選んでいた(今の私ストレートなら犬を選んだはずなので何故猫だったのか不思議です)。

その猫に思うことを自由に話していると、それが画面(タブレットかなと思ったけど、投影型かもしれない)に勝手に文字になっていき、しかも「気持ち」の部分に色がついている。
その色の部分を見て「あー私ってこんなに思ってたんだ」と改めて実感してた。
そして猫が「こんなことをこんなに感じてるんですね」と色付きの文字をまとめて言葉で返してくれる(傾聴)。
コンピューターが相手だと分かっているし、猫は自分御心の分身みたいに感じているから全然違和感なくストンと納得いく。
言ったことから類推できる気持ちなんだけど、心地よい。
ついつい「本当はこう感じてて」と素直にもっと深い本音を話してしまう。

画面に問題がいくつもビジュアルで浮かび、「これは枝葉だからいらない」「これは大事」と指でピィとはじきながら検討が必要なモノとそうでないものをより分けていく。

ポン、と指で押すと、「代表的な解決策はこういうものです」というガイドが出たり、「これは私(AI)では難しいので専門家(人間)対応になりますがアクセスします?」などと専門家に繋ぐツールにもなっている。
どんな仕事、みたいなものは、「あなたの志向やスキルに合った求人は今こういうものがあります」「現在は求人はないですが過去そのタイプの求人はこのくらいありました」と過去ログからも今後出てきそうかどうか推測する材料まで提供してくれる。

自分が話した問題だけでなく、AIが勝手に「こういうことが原因で困っている可能性がありますが、それは検討しますか」と提案してきて、「ああ、そうかもしれないなー。コンピュータが言うなら考えてみても良いかも」と思っていたら目が覚めました。

続きを読む
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:47| Comment(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ホームページ障害中です

もっと早くブログに書いておけば良かった、と今沖縄から帰る飛行機で時間がポッカリ空いて気がつきました。
パソコンがクラッシュした関係で、キャリア研修センターのホームページ、ここ1-2ヶ月パソコンから操作できずにいます。
既に終了した研修もそのままになっているし、少人数指導についても方針広報出来ずにいます。
1)ホームページ私に時間のゆとりと技術的スキルなく苦戦中。まだしばらく復旧まで時間かかりそうです。少人数の個別指導指導については1期生に2期生募集に向けた感想まで書いてもらったのに申し訳ない。パソコンスキルの高い人を早く巻き込まねば、と反省しています。
2)少人数の個別指導について、今アメリアの大学院でカウンセリングをどう教えているかを現在学んでいる洋子に教えてもらい、もっと効果を上げる学習プログラムに出来ないか検討中。
これも当面物理的心理的ゆとりが無いので、お正月にじっくり考え、応募選考を来年上期に行い、実際の指導は来年7月以降ぐらいのタイムスケジュール感覚で考えています(気が変わるかも知れないけど)。1年半ぐらい期間をかけるのは同じ。興味がある方はのんびりお待ちください。
ご迷惑をおかけします。
まずはホームページ復旧に努力します。
キャリア研修センター 田中春秋
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 22:29| Comment(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

ジョブカード改善案大募集

ジョブカードはポテンシャルあるけど全然だめで厚労省に提案したい、とこのブログで勝手に言っていたのが2012年の1月末。
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/249565382.html
http://xn--cckva6n2a9027a6l0c.jp/article/252182885.html
意見を聞かれ新ジョブカードに代りましたが、それでもまだまだうまく使えていない。
国民を成長させるツールとしてどう変えれば(変えるより名前変えて作り直した方が早いといういう意見もありますが)公的に意見を言える場をもらっています。

今ジョブカード(新ジョブカード)の不満がある方や改善策をお持ちの方、是非ご意見を頂ければと思っています。国民の成長支援施策へのご意見でもよいです。

個人的には「全部書かないとダメ」というルールを「自己理解を深める道具なのだから一部利用でよい」や、「クライアントがデータ保持でカウンセラーは持ってはいけない」を「本人了解でデータ共有可」に、キャリアマトリクスにあったような簡易アセスメントを補強、細かすぎる能力要件をもっと絞り込んで日本の国際競争力向上の基礎コンピテンシー(コンピテンシーはビジネスでパテント上使えないなら能力要件)をまとめてそれを固める「高め方」をキャリアコンサルタントの企業領域に教育等考えています。
皆さんの意見を国の施策に反映するチャンスです。
アイディアある方はご意見ください。
よろしくお願いします。。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業:キャリア施策事例総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閃いたこと

先日キャリアカウンセリング協会のトレーナー勉強会(毎月講師は定期的に学習し、欠席した人はビデオで見れるようになっている)で、「これまではカウンセリングについて学習中心であったものを更に学習内容を追加し拡充することや先輩講師の技術伝承を強化する」という方針発表があった翌朝未明、「あ、そうか」と閃くことがありました。

私はカウンセリングを「共同作業」として説明しています。でも一方で、本当に共同でないとダメなの?と言えば、ゲシュタルト療法のパールズなどは共同でなくクライアントの自己理解が進めばよいと考えているように感じています。
気になっていたのは「(カウンセラー関係なく)クライアントが解決」でもよいのか、「共同作業として一緒に解決」なのか。

振り返ってみると、技術伝承で先輩のトレーナーに「ぜひこういう面を後進に伝えてほしい」という話をしていたから。シナプスが夜に無意識につながったのだと思います。

閃いたことは「いくら個人でできたと言ってもそれは頭打ち。自分の経験知識感性だけでなく他者のものも取り込めた方がより良いものができる」ということ。
だから(ここからが本題です)
「自分で解決」は解決できないよりマシだけれど、もっとよい解決策がある。
「カウンセラーと共同作業で解決」も独りでやるよりはマシかもしれないけれどそのカウンセラーがベストである可能性は現実には高くない。
「カウンセラーとの共同作業を体験することを通して、他者を巻き込みよりよい解決ができる人間になること」が大事なんだ。共同作業でやったと言ってもカウンセラーがクライアントを一方的におんぶにだっこしてあげたのたのではクライアントは他の人を巻き込める力がつかない。

少なくとも「解決」のプロセスはきっとそうなのだろうなと自分で整理できました。
posted by キャリア研修センター浦安 by田中春秋 at 13:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(春秋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする